• このエントリーをはてなブックマークに追加
Qボード2銘柄を追う
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Qボード2銘柄を追う

2018-10-17 19:40


     昨年来、地方銘柄をチェックしております。

     何もこんな波乱相場で取り上げなくてもと言われそうですが、敢えて取り上げてみたいと思います。


     今回取り上げるのは福岡Qボードに上場している2銘柄、Lib Work(1431)と日創プロニティ(3440)です。

     熊本県山鹿市に本社を置くLibWorkは旧社名がエスケーホームで戸建て住宅メーカーとして成長中。生活創造企業を標榜し多角化とエリア拡大を図り、業績の成長が期待されますが、時価総額は25億円以下に留まっています。

     熊本大地震後の復興需要を取り込み今期は年商65億円、経常利益4.2億円(前期3.7億円)EPS110円が見込めますが、流動性が低い点もあり評価は低いようです。皆さんも改めて吟味して頂くと良いかと思います。

     同社の場合、いつまでもQボードに留まることはないようです。成長指向の社長の下、飛躍を図る同社の中長期的な行方に注目したいと思います。


     もう1社は、福岡に本社を置く異色のモノづくり企業、日創プロニティ(3440)です。同社は15日に8月決算を発表。前期に続き今期も大幅な増収増益を見込んでいますが、株価はなかなか反応しません。

     ソーラー発電の架台設置・販売で収益を上げたのが2013年から2015年にかけての3期間ですが、その3期間に50億円もの利益を得た同社はM&Aで更なる成長を図ろうとしており、その成果が実り始めているようです。

     今期の経常利益13億円に対して時価総額は62億円、今期から始まった新中計計画でも50億円のM&A枠を設け積極的に成長を図ろうとしていますが、Qボードであるがゆえに見落とされた存在なのかと思われます。

    *日創プロニティについては詳細を有料メルマガ「炎の投資情報」にて取り上げる予定です。 http://www.honohfm.com/


    (炎)


    (情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)



    honoh_01.jpg
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。