• このエントリーをはてなブックマークに追加
母の日のプレゼント
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

母の日のプレゼント

2021-05-15 16:22


     億近読者の皆様こんにちは。

     小学生の親御様のために、お金の教育論について寄稿させていただいております遠藤です。


     私は小学生には報酬型のお小遣い制を導入することを推奨しています。
     報酬型というのは、家の中で仕事をして仕事の対価としてお小遣いをもらうという方法です。

     報酬制の話をすると、「家の中の仕事はみんなでやるものだからお金を出すのはおかしい」と思われる方は数多くいらっしゃいます。
     正直なところ私もそう思います。

     しかし子供にお金の大切さを教える際には、報酬型のお小遣い制が非常に効果的です。働いて得たお金は、何もしないでもらえたお金とは全く価値が違う事を子供は理解します。
     また仕事をしないとお金は得られないという社会の厳しい現実を子供ながらに理解することができます。パパとママはただ会社に行って帰ってくるだけでお金がもらえているわけではないということです。

     もちろん子供によって感受性や理解力が異なります。
     報酬型のお小遣い制を導入しなくても、お金の大切さや物の大切さをよく理解している子はたくさんいます。


     ただ「うちの子はどうも物の大切さをわかってない」と感じている親御様はぜひ報酬型を試してみていただきたいと思います。

     報酬型のお小遣い制を導入すると、「月500円」のような定額型のお小遣い制よりも子供がお金を稼ぐようになります。
     2,000円から3,000円程度のお小遣いを稼ぐとお金の使い方についても教えられることが増えます。


     例えば母の日のプレゼントです。

     2,000円程度の自由に使えるお金があれば、その中の一部でちょっとしたお花やお菓子等を母の日のプレゼントで買うことができます。
     また、コツコツ貯蓄をしておくこともできます。
     月1回500円のお小遣いで、母の日のプレゼントを買おうと思っても、子供は月1回の楽しみを捨てないと何も買うことができません。親もそこまでの自己犠牲は求めていないでしょう。

     もちろん、母の日のプレゼントは、お金を使わなくてもできることがたくさんありますが、自分の大切な資金を使ってプレゼントをする経験は、子供にとっては良い勉強になるでしょう。


    「うちの子は母の日なのに全く気が利かない」
    と嘆いている親御さんは、子供にお金を稼ぐことと、お金があれば人のためにそのお金を使うこともできるのだということを伝えてみてはいかがでしょうか。

     案外手段を得れば、行動が変わるかもしれません。


    (遠藤)


    [遠藤 功二氏 プロフィール]

     日本FP協会認定CFP
     1級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)
     MBA(経営学修士)

    大学時代に借金に追われた経験からFPの資格を取得し、金融機関に就職。
    証券会社と外資系銀行で延べ1,000人以上の顧客を資産運用アドバイザーとして担当した経験上、日本には金融教育が足りていないことを確信する。
    自己責任が求められる社会で、子供たちが自立して生きていけるよう、お金の教育講座を実施している。子育て世代の親たちと子供たちに、金融の知識を届けるため教育特化のFPとして奔走中。
    生き抜く力を育むお金の体験型教室FP君
    web:https://fpkun.com
    メッセージ:koji.endo@fpkun.com


    (情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。