• このエントリーをはてなブックマークに追加

田中真奈美 The world is your oyster

田中真奈美 The world is your oyster

Voice actor Manami Tanaka, who holds EIKEN Grade 1, presents the program called "Let's look overseas through English!"
声優・田中真奈美による、英語を通じて海外に目を向けよう!というラジオ番組

チャンネルタグ

2021/04/09 開設 162動画

Voice actor Manami Tanaka, who holds EIKEN Grade 1, presents the program called "Let's look overseas through English!"

*Please send them to us using the mail form on the Channel
https://forms.gle/BZQubKTsR5ytwbnE7

You can listen to the podcast program!
http://www.joqr.co.jp/manami_pod/

#####################################

声優・田中真奈美による、海外に目を向けよう!をコンセプトにしたニコニコチャンネル!
『田中真奈美 The world is your oyster』

番組では現在メールを大募集中!メールフォームより投稿してください。

https://forms.gle/BZQubKTsR5ytwbnE7
メールフォームはこちら!↑

ポッドキャストでも番組をお楽しみいただけます!
http://www.joqr.co.jp/manami_pod/

※第1回目の動画版をお試し版として無料公開します!この機会にご覧ください!

生放送

  • 無料

    放送予定 05/31 20:50 - 

    声優・田中真奈美による、英語を通じて海外に目を向けよう!というラジオ番組。 ※音声版は、毎週無料でどなたでもご覧いただけますが、タイムシフトはありません。 ※チャンネル会員になると、映像付きの完全版(ノーカット版)をご覧いただけます。  ...

  • 無料

    放送終了 05/24 20:50 - 21:41

    声優・田中真奈美による、英語を通じて海外に目を向けよう!というラジオ番組。 ※音声版は、毎週無料でどなたでもご覧いただけますが、タイムシフトはありません。 ※チャンネル会員になると、映像付きの完全版(ノーカット版)をご覧いただけます。  ...

    • 来場数109
    • コメ数262
  • 無料

    放送終了 05/17 20:50 - 21:40

    声優・田中真奈美による、英語を通じて海外に目を向けよう!というラジオ番組。 ※音声版は、毎週無料でどなたでもご覧いただけますが、タイムシフトはありません。 ※チャンネル会員になると、映像付きの完全版(ノーカット版)をご覧いただけます。  ...

    • 来場数110
    • コメ数309

動画

ブログ・メルマガ

  • The Important Thing for Improving English / 英語の上達に大事なこと

    英語の上達には何が必要ですか?と問われたら、色んな答え方があると思います。 単語を覚えることとか、 とにかく話してみることとか。 ただ正直、難しい単語を知らなくても簡単な表現に言い換えることはできるし、そもそも語学力=コミュ力ではないですよね。 究極を言えば、 言葉がなくてもコミュニケーションが上手にできる人はできるんだなあと思うと、言語とは…と哲学のようなことを考え始めて、なんだかよく分からなくなります。 そんな中でも、敢えて自分の英語をもう少し上達させたいと感じる時。 個人的に大事だなと思うのが「ふとした疑問を逃さないこと」です。 つまり「そういえば、〇〇って英語でなんていうんだろ〜」と何気なくぼんやり思った瞬間をそのままやり過ごさず、忘れないうちに調べるのがポイントだなと、最近よく思います。 かなり前に、つっぱり棚を間違えて2つ買ってしまったという話を番組でしましたが、その勢いででつっぱり棚は英語で"Tension shelf"だと覚えられました。 学校や資格の勉強用に買った単語帳を隅から隅まで覚えても、その中のどこにも載っていなかった単語が日常生活で必要になることがあ...

    3日前

    • 4 コメント
  • Weird Spelled Words / 不思議な綴りの単語

    少し前に流行った「猫ミーム」。 世の中のCMが全て猫になればいいのに、と思うくらいには猫好きなので、猫動画となればスキップできず、次から次へと見てしまいました。 どうでもいいことも、ちょっとシニカルなことも、猫を介在させると一つの作品になりますね。 猫ミームがきっかけで初めて認識した単語、ミーム。 なんだか分かるような分からないような…と思って調べてみたところ、ミームというのは文化や流行が広まっていく様子を指すのだそうです。 英語にすると、"meme"。 昔の私なら「ミーム」ではなく「ミーミー」と読んでいる気がします。 同じスペルが繰り返されていても場所によって違う発音になる単語は他にもありますが、いまだに良くも悪くも「なんでこのスペルでこの読み方なん⁉︎」となることが時々あります。 そんな意味で、個人的に気に入っているスペルの単語はこちら。 "queue"(行列) 留学中、何かのお店に並ぶ人々を見て、一緒にいた方が「あれはqueueって言うんだよ。weird spellだよね」と教えてくれました。 当時、現地のイギリス人でもこの単語のスペルが変とか思うんだな、と感じた記憶があります...

    2024-05-05

    • 3 コメント
  • Translation of Foods / 食べ物の翻訳

    先日、韓国ドラマを字幕で見ていたら、おそらく役者さんが「プルコギ」と言っていた台詞が「焼き肉」と訳されていました。 それを見て、プルコギはプルコギって訳出しないんだな…と、頭の中で若干、プルコギでゲシュタルト崩壊を起こしそうになりました。 何年か前に、英語に関わることを別の方角から学んでみたくて、映像翻訳の学校に1年ほど通ったことがあります。 映像翻訳というのは、いわゆる字幕や吹き替えに特化した翻訳のこと。 最初は興味本位の気軽な気持ちだったのですが、思っていた以上に奥が深いうえ、英語だけでなく日本語の学びもとても多くあった時間でした。 そこでも、食べ物の翻訳はとても難しかった印象があります。 そもそも、テレビや映画館などで放送される字幕を制作する際には、決められた規格を守らなければいけません。( YouTubeなどの動画は別です) 例えば英語から日本語に翻訳する場合だと、1秒当たり4文字程度で訳出するというルールがあります。 つまり、台詞が2秒であれば8文字、3秒であれば12文字くらいで翻訳するということ。 挨拶や相槌の場合はさほど問題がないのですが、台詞の情報量が多くなればな...

    2024-04-12

    • 1 コメント
  • Interacting with Strangers / 知らない人とのやり取り

    前回のカキラジでは「そばで困っていそうな外国人旅行客を見つけた時どうするか」というメールを読みました。 私も、人生の中で似たような経験が何度かあります。 相手の方が日本人か外国の方かに関わらず、行くべきかどうか迷って結局スルーした時などはそこはかとない後悔を抱きます。 とは言え、何にでも首を突っ込めば良いというわけでもないし、難しいですよね。 逆に、街中で知らない人から道を聞かれたり、何かを尋ねられたりすることもあります。 ついこの前は、都心で日本人のマダムから「東海大学の医学部ってどこですか?」と聞かれました。 スマホで検索してみると、その場所からはかなり遠いところ(小田急線の伊勢原という駅が最寄りだそうです)。 でも、それをお伝えするとマダムは納得した様子で去っていきました。 何だったのかわけがわからないのですが、こういう、知らない人の人生に一瞬だけ関わるのってちょっと面白い経験です。 声をかけられた時、人助けのつもりで応答したら怪しい勧誘に繋がっていたパターンもなくはないので、必ずしも良いこととは限らないんですけどね。 思い出深いのは、コロナ禍前に、スーパー...

    2024-03-18

    • 2 コメント
  • Different strokes for different folks / 十人十色

    会話をするときに、どんなシチュエーションにも大概当てはまる「それっぽい返し」って存在すると思いませんか。 人の話を聞いて自分が思ったことをうまく言語化できない時や、あまり理解できなかったけど素直に分かりませんと言えない雰囲気の時に、私はそういう返し方をしてしまうことがあります。 例えば「まぁ…人それぞれですもんねぇ」とか。 大抵のことは人それぞれなので、こいつ分かってないな、と悟られる状態を回避もしくはちょっとだけ先延ばしにすることができます。 あまり褒められたことではないのですが、そうでもしないと黙り込んでしまって会話が進まなくなりそうなので、そうやって考える時間を稼いでいるのです。 そして、外国語を学ぶときは特にそんな返しのバリエーションがあればあるほど良いのではないかなと思います。 会話の中で毎回必ず的確な返答をしながら話を広げられたら理想だけど、私の場合、母国語だってそううまくはいきません。 当たり前のことだろうが何だろうが、それっぽい言葉を何となく返しているうちに自分の考えや相手に質問したいことが徐々に見えてきて、本当の会話に辿り着くことができる気がして...

    2024-03-10

    • 1 コメント
  • White Elephant / 無用の長物

    先日、全国通訳案内士の登録申請をしてきました。 思っていたより用意しなくてはいけない書類などが多々あって、申し込みだけで大仕事をしたような気持ちに。 社会から何かしらの肩書きをもらうのって、そこそこ大変な作業ですね。 2月末、バタバタしながらも何とか申請して、ついでに確定申告も終えて、ひとまず事務的なタスクを片付けた状態で3月を迎えられたことにホッとしています。 さて、今月のカキラジのメールテーマは「White」です。 3月はホワイトデーがあるからという安直な理由で決めてしまったのですが、すでに皆さんから様々な白、Whiteにちなんだメールをいただきました。ありがとうございます。 私自身もこれを機にWhiteを含む英語を調べてみようと思い検索したところ、こんなフレーズに出会いました。 White elephant  巨費が投じられたのに使い道がないもの、無用の長物などを意味する言葉です。 直訳すると「白いゾウ」。 かつて、タイで神聖な動物である白いゾウが王様に献上されたそう。 ただ、エサ代が高くつくということで、王様は嫌いな家臣にそのゾウを下賜してしまったんだとか。 家臣は王様からの贈り物を無下にする...

    2024-03-03

    • 3 コメント
  • Smooth words make smooth ways / ものは言いよう

    最近、「ものは言いよう」だなと思うことがよくあります。 日常を送っていると、完全に良い、もしくは完全に悪いと断言できることってあまりなくて、大抵のことがグラデーションの中にある気がします。 例えば、何か嫌なことを言われたとき。 それで自分が傷ついた事実はもちろん否定しなくてもいいし、100%見当違いなことを言われたと処理しても問題ないんですけど、意外とそういう不快な経験が自分をより深く知るきっかけになったりします。 何事もポジティブにというよりかは、面白おかしく捉えられたら、ちょっと生きやすくなるような。 さて、本日放送のカキラジでは「ぽっこりお腹」を表す英語フレーズをご紹介しています。 「ぽっこりおなか」という言い方…好きだな…。 近しい意味で、お腹周りの贅肉を表すフレーズとして、こんなものもあります。 Love handles Muffin top ラブハンドル…愛らしいハンドル、という感じでしょうか。 マフィントップも、マフィンの形状を思い浮かべると納得がいきますね。 マフィンは綺麗な形で焼かれているより、これでもかというくらいカップから上がはみ出ている方が美味しそうに見える気がします。 ...

    2024-02-23

    • 3 コメント
  • Emanate / 発する

    この前「あなたの人生を映画にするとしたら、そのタイトルは何だと思いますか?」という質問を目にしました。 そんな、あり得ないシチュエーション…と思いつつも、こういうことをふわふわ考えるのは楽しいものです。 その時ちょうど暇だったので色々と思いを巡らせてみたのですが、これが意外と難しくて。 名言ぽい言葉やことわざ、熟語はなんだか自分の身の丈に合っていないし、かといって面白い言葉も浮かんでこないのです。 あくまで暇つぶしではあるけど、何かいい言葉はないだろうか…と迷った時に思いついたのが、 “emanate” 以前も番組内で話したことがあるかもしれないのですが、私の好きな英単語です。 自分の名前に近い“Mana T”が“E(良い👍)”の間に挟まれているので、何だかご利益があるような気がして、かつて単語帳で出くわしたときにすぐ覚えてしまいました。 意味は、「(光や音が)発する」などの意味があります。 お正月に引いたおみくじに書かれていた漢字が「輝」だったこともあって、私の映画化タイトルはこちらの“emanate”に無事決定いたしました! なんか今更だけど、よく分からないことを堂々と発表しててちょっと恥ず...

    2024-01-23

    • 1 コメント
  • Before the coming spring / 迎春の前に

    2023年も今日で終わり。 皆さんは、どんな年末をお過ごしでしょうか。 私は、久しぶりに広島の実家で大晦日を過ごしています。 東京・広島間は、新幹線で約4時間かかります。 そのあいだにすることと言えば、何かを食べたり寝たり、特に生産性のないこと。 ただ、録音で放送される英語のアナウンスが始まると何となく聞いてしまいます。 この英語アナウンスに、新幹線内の喫煙ルームを案内する“the designated smoking rooms”というフレーズがあったおかげで、かつての私は“designate(指定する)”という単語を覚えることができました。 でも、新幹線の喫煙ルームは来年の春に廃止されるんだとか。 私にとって聞き馴染みのある一節も、次回の帰省ではもう聞けなさそうです。 タバコの是非はさておき、新幹線の英語アナウンスは単語の面でも発音の面でも大変勉強になりました。 ちなみに今回の帰省では、新幹線にてパソコンで仕事してる人ってなんかカッコいいし効率的っぽいと言う理由で、東京から広島に着くあいだにブロマガを書こうとしたのですが…。 ものすごく酔いました。 なので、いま実家の自室で仕切り直しているところです。 効率...

    2023-12-31

    • 5 コメント
  • Writing / したためる

    今年のクリスマス、いかがお過ごしでしょうか? 私はお休みなので、お昼ごろにのそのそと起きてから、寝ぼけて書いたやることリストを消化しています。 冷静に自分の字を見返すと、その汚さにちょっと引きます。 今月に受験した通訳案内士の口述試験でも、試験官の読み上げる日本語の文章を聞きながらメモ書きしてすぐに訳すと言うのがあったんですが、CDを聞きながら練習していると自分のメモが雑すぎて理解できないと言うことが何度もありました。 日本では特に、書く字はその人の人間性を表すと言われますよね。 人に見せる文字だけでなく、ちょっとしたメモ書きが綺麗な人にすごく憧れます。 それから日本語だけでなく、英語の書き文字も人柄がよく出るなあと感じます。 学生時代にものすごく綺麗な筆記体で英語のノートをとっていた同級生のあの子はいま元気かなぁ…。 彼女の真似をして私も筆記体で英語を書こうとしたんですが、どうしても慣れなくて、今は筆記体と楷書体が混ざったような書き方になっています。 筆記体で書こうとすると、勢い余ってmの山的な部分が3つになったり、aとoの区別がつかなくなったりします。 良くも悪くも自...

    2023-12-24

    • 0 コメント