• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「ラーマガ」#142
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「ラーマガ」#142

2017-09-10 23:00
    62cfb1b852a1005b6d83a023da3cf290ce69a57a
    北島秀一・山路力也・山本剛志 共同責任編集
    「ラーマガ」THE RAMEN MAGAZINE
    #142

    ・北島秀一・山路力也・山本剛志 共同責任編集
    ・2017年9月10日発行(月3回)9月第1号(通刊 第143号)

    【目次】

    ■巻頭コラム
     『「中華そば」の流行に思う事』(北島秀一)

    □クロスレビュー「必食の一杯」
      Noodle Stand TOKYO@原宿 「KUROSHIO煮干ラーメン(醤油)」

    ■ラーメン実食レビュー
    【北島秀一】
      中華そば しば田@仙川「中華そば」

    【山路力也】
      一風堂 ルミネエスト新宿店@新宿 「1/2香菜担々麺」
      熊本ラーメン桂花 新宿末広店@新宿三丁目「太肉麺」
      麺や金時@江古田「汁なし担担麺」
      担担麺 香噴噴 東京木場@木場 「汁なし担担麺」
      味の三平@大通「正油ラーメン」
      ラーメン暖暮 博多中洲店@中洲川端「ラーメン」
      長浜ラーメン 福重家@橋本「辛子ラーメン」

    【山本剛志】
      大至@御茶ノ水「広東麺」
      味楽@新横浜「焼き塩らーめん」
      オランダ軒@東岩槻「塩ラーメン」
      なかじま@北高崎「わんたんそば塩」
      荒町中華そばふじやま@愛宕橋「白ふじそば」
      麺屋くまがい@東仙台「濃厚鶏節そば」
      本田商店@久留米高校前「元味ラーメン」

    □拉麺人インタビュー 
     石塚和生<ドゥエイタリアン 店主>①
     『本気で料理をやろうと思った瞬間』(聞き手:山路力也)

    ■連載コラム(第40回)
     『ラーメンの憂鬱』〜味以外の価値観を上げる(山路力也)
     『教養としてのラーメン』〜ラーメン店の方向けのネット活用術~(山本剛志)

    □告知/スケジュール

    ■編集後記


    ■巻頭コラム
    『「中華そば」の流行に思う事』北島秀一

    d6994a03a4840d586ca4aa11972ffb7506695acc

     今年(2013年)の首都圏の新店を見ていて思うのは、品名に「中華そば」と名付けたラーメンが目立つ事だ。具体的には「しながわ」や「すずめ」、また今回のクロスレビューに登場した「維新商店」などだろうか。基本的なスタイルは清湯醤油ながら、「支那そばや」「69'N'ROLL ONE」あたりから始まった、ここ数年の「清湯系」とは少し毛色が異なって感じる。一言で言うなら「清湯系よりも少しゆるい」との印象があるのだ。

     「清湯系」に関しては、何しろスタートがラーメンの鬼である佐野店主であり、更にその思想とキャラを受け継いだ嶋崎店主のスタイルに感銘を受けたお店が始めた為もあってか、「こだわり」を感じさせる物が多い。各地から厳選された素材であったり、精密な調理法であったり、シンプルながらも奥深さを感じさせる味であったり、あらゆる意味でラーメンの存在感をワンステージ引き上げる存在であった。その業界に対する影響力は非常に大きく、現に講談社の「TRY本」では一日100杯程度の単独店としては異例の「TRY大賞」を69'N'ROLL ONEが獲得した事もある。

     それに対し、「中華そば」はもう少しリラックスしたムードのラーメンだ。素材感をあまり前面に出さず、醤油の風味とまろやかさ、場合によっては背脂の甘味などを加え、これまでの清湯系に比べて気軽な感じがある。醤油の味を軸にしている為か、品名通りのノスタルジックな味でありながら、当然現在の丁寧なラーメン作りを行っているのか、極端な旨味は塩分は控えられ、食べ易く仕上がっている。

     個人的には、「尖ったラーメン」はクルマで言うところのF-1であったり、世界最高峰レベルにアタックするクライマーであったりして、彼らの存在が業界を牽引していくのは間違いないが、逆に言うとそれらの精緻なラーメンは「彼らだからこそ出来る」と言う点でかなり属人的な部分もあると思うしある意味お客を選ぶラーメン(店)でもあると思う。もしも今の「中華そば」が、より幅広い客層にアピールする「普及版」的な意味合いを持つのだとすれば、今後大きなムーブメントになるのかも知れない。(ラーマガ006号より転載)


    □クロスレビュー「必食の一杯」

     一杯のラーメンを三人が食べて語る。北島、山路、山本の三人が、今最も注目しているラーメン店の同じ一杯をクロスレビュー。それぞれの経験、それぞれの舌、それぞれの視点から浮かび上がる立体的なラーメンの姿。今回は9月1日原宿駅前にオープンした新店「Noodle Stand TOKYO」の「KUROSHIO煮干ラーメン(醤油)」を山路と山本が食べて、語ります。

    f1ada364cb96c3c93660b479c28847d726c79b27
    Noodle Stand TOKYO@原宿
    「KUROSHIO煮干ラーメン(醤油)」850円
    ※写真は味玉(+150円)入り
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。