• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

Memories 05 1990年の4月から5月頃の記憶
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Memories 05 1990年の4月から5月頃の記憶

2021-05-06 11:16
  • 2

 1990年の春、僕はRose & Blood Tourや名古屋で行われたライブイベント「5時SAT ROCK WAVE '90」、川崎CLUB CITTA'で行われた「LIVE TOMATO」の公開ライブ収録などに同行していた。
 
 思えば、この頃の映像で「紅」の合唱になるセクションなどに流れているストリングスの音は、僕自身が演奏しているのだった。
 
 プロデュースという、答えのはっきりしない不思議な行為を続ける上で、僕がメンバーとバンドそのもの、そしてファンとの絆への愛情を一番中心に置き大切にしていたのは、これまで何度も文章にした通りだ。
 
 その方針だと、僕の瞳と心は何よりもまずメンバーの表情や心の動きに注がれることになる。

 この頃だと、やはり何よりも倒れて公演を延期せざるを得なかったYOSHIKIの体調が心配で、ツアー中も常に様子を見ていたし、この頃のメンバーはライブなどで音のクオリティを上げることに意識が高まっていて、試行錯誤を繰り返していたため、テクニシャンの起用や機材の購入などと併せて、常に音について真剣な会話をしていた。

 演奏についても出音についても、決して完璧な出来というのはないもので、ライブを終えるごとに反省と修正を繰り返す。

 そのためには、僕は僕なりに自分の音楽的素養をフルに活かしながら、真剣極まりないメンバーと、それぞれ個別に対応し、会話を続けていた。
 
 1990年の今頃がそんな毎日だったからだろう、タイムスリップをしてあの頃に戻った時、鮮やかに蘇るのはメンバーの様子とそれを取り巻く事実の動きであり、僕自身のことはあまり記憶にない。

 そして今回、1989年から1991年にかけての4月〜7月の資料を見ながら記憶を丁寧に掘り起こしていて、僕は自分がキーボードを演奏していたことも、その準備やリハーサルの細かな記憶も、演奏している瞬間の鍵盤の様子も、すっかり心の中から抜け落ちていることに気づいたのだ。
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
津田さん ブロマガありがとう
1ヶ月前
×
以前のブロマガより、「TAIJIがINAちゃんに、俺のことを世界一キーボードが上手いんだ、って言ってた話・・・。」の文章が思い出されます。本当に良い関係だったんですね。
もっと色々教えて下さい。ありがとうございます。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。