• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「人生は映画 〜 主人公という生きかた」Vol.5 自分の曼荼羅図を書く ②
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「人生は映画 〜 主人公という生きかた」Vol.5 自分の曼荼羅図を書く ②

2013-07-01 13:00
     2. 自分と周りの全ての関係を見直すことで、自分を進化させることができる


     さて、ここでとても大切で有効なことを説明します。
     
       書き出した「関係」を、ひとつずつ確認していくのです。


     そのままで良いのか、それとも変えるべきなのか。
     変えるとしたら、どんな関係がベストなのか。

     つまり、

       あなたという主人公と、それをとりまく全てとの関係の見直し

     です。

     自分と人や組織などの関係を見直す、ということは、日頃、無意識にやっている
    かも知れません。

     ちょとした原因で言い合いをしてしまった相手と自分のこと。
     学校や仕事先で、もっと自分を正しく理解してくれないだろうか、という不満。
     飼っている犬を、親まかせにしないで、もう少し自分が世話をしようかな、という反省。

     みんな、自分と対象との関係を見直しているわけです。

     そういった「見直し」を、紙に書き出した全ての関係について、やってみるのです。


     おそらく、始めてみると色々な発見があると思います。

     関係をしっかり考えている相手もいれば、それほど関係を意識していない相手もいる
    でしょう。

     対象が人でなければ、「関係」についてじっくり考えたことがまったくない、という
    ケースが、さらに増えるかも知れません。

     学校や仕事先、さらにクラスや部活、仕事をしているセクションや複数のお店など、
    人ではなく組織になると、その組織と自分の関係を、与えられたまま、当たり前に受け
    取っているかも知れません。

     最初からこういうものだ、と固定概念に縛られているかも知れません。

     でも、曼荼羅図では、自分が主人公です。主人公として、しっかり自分と対象の関係
    を考え、見直しをしてみて下さい。

     そんな風にして、あらゆる対象と自分の関係を、じっくり考えて、今後に向けて見直
    しをしてみて下さい。

     見直しのやり方は、もちろん自由です。

     もしも、あなたがこれからの夢や目標についてはっきりとしたビジョンを持っていて、
    その曼荼羅図に書いていたら、きっとその夢や目標を達成するプロセスについて考えな
    がら見直しをするでしょう。

     もしもあなたがある人間関係について深く悩んでいたら、その解決のきっかけを考え
    ながら、書き出した色々な人との関係を改めて考えるでしょう。


        この曼荼羅図の大きな特色は、そういった、
        自分に関わる「全て」を一望のもとに見渡せるところです。


     「全て」である結果、こういったことも見えてきます。

     例えば
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。