• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

メディアの政治報道でみる「選挙は必要悪」か?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

メディアの政治報道でみる「選挙は必要悪」か?

2013-06-06 20:00
    参院選が近づき、永田町にも独特の活気が戻って来た。

    政治家は選挙で規定される。選挙経験のある者であるならば、それが候補者であろうと運動員であろうと、誰であれ、この言葉を否定するのは難しいだろう。

    選挙を汚らわしく、まるで「必要悪」であるかのようにみる風潮は、おそらくメディアの影響だろうか。きょうもまた、テレビでキャスターやコメンテーターたちの、政治家は選挙のことばかり考えているという批判にぶつかった。

    その浅薄な表現にこそ、政治を理解していない者たちの限界が見てとれる。

    選挙を完全に無視した活動を行う政治家は偽物である。政治家は、選挙、あるいは選挙活動を通じて、有権者の拾い集め、世論の方向性を感じ取り、自らの政策に反映することができる。

    それは、テレビやインターネットの発達した現代においても変わらぬ政治の現実である。

    実は、日本の政治報道が、政治や政治家の実態を映さず、大きく現実と乖離してしまっているのは、「選挙」についての認識にこそあると私はみている。
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。