• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

FLASH『よしりん辻説法』、週刊エコノミスト「読書日記」掲載!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

FLASH『よしりん辻説法』、週刊エコノミスト「読書日記」掲載!

2017-04-24 12:30
  • 1
 

(byよしりん企画・トッキー)

今週発売の「FLASH(5月9・16合併号)」に、
『よしりん辻説法』第4話掲載です!

「伝統と因習は似て非なり」と題して、『天皇論 平成29年』のテーマについて、これまでとまた一味違った切り口で語っています。

「実はこの本、『天皇は生け贄でいいのか?がテーマなのだ」
その真意は?

そして「週刊エコノミスト(5月9日号)」には、
よしりん先生の『読書日記』が掲載されています!

今回取り上げた本は、ロバート・B・ライシュの『最後の資本主義』(東洋経済新報社)

今のままの資本主義では、資本主義そのものが衰退していく。
その現象は、すでにいまの日本社会に出現している。
「資本主義を救う」思想を模索するこの本から、特に共感する言葉を紹介しています。

ぜひご覧ください!

 

 

RSSブログ情報:https://yoshinori-kobayashi.com/12938/
チャンネル会員ならもっと楽しめる!
  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
ブログイメージ
小林よしのりライジング
更新頻度: 毎週火曜日
最終更新日:
チャンネル月額: ¥550 (税込)

チャンネルに入会して購読

×
現にフランスのルペンさんも決選投票に突入したし、これから彼女が大統領になるのは大いに高いといえる。
欧州の労働を賛美している東洋経済などには注意が必要。何故なら、彼らは権力批判の割にフランスやドイツの特異な部分を報道しているから…。
でないとルペンさんが何故、躍進した理由を問えないだろう。(勿論、トランプや英国のEU離脱も)
34ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。