• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

いろんな話題ね
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

いろんな話題ね

2017-06-20 21:30
  • 1
 

FLASH」『よしりん辻説法』のコンテを上げ、りか坊と打ち合わせ。
メディア論を描いたのだが、かなり辛らつだ。
いっぺん、真面目をやっとかないと、次号が顰蹙買うかもしれんので。
途中から前編集長が参加して、単行本のことを話し合った。 

スタッフに言っておくが、連載を含め、12月いっぱいで描き下ろし20pや一枚絵のカットを10本以上描かねばならない。
来年2月か3月の発売を目指すようだ。 

今夜9時から泉美木蘭さんと「ニコ生放送」を決行!
共謀罪のこと、安倍政権の支持率のことなど、笑いを交えて凶暴に話す。

共謀罪、メディアから熱がひくかと思ってたら、今日17時から毎日新聞の取材がある。
まだやると言うのなら、大したものだ。

 

 

RSSブログ情報:https://yoshinori-kobayashi.com/13331/
チャンネル会員ならもっと楽しめる!
  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
ブログイメージ
小林よしのりライジング
更新頻度: 毎週火曜日
最終更新日:
チャンネル月額: ¥550 (税込)

チャンネルに入会して購読

×
週刊ポストで掲載された小沢一郎先生のインタビューの一部が気に入ったので掲載します。
*******
──あなたが相まみえた総理の中で、安倍首相をどう見たか。

小沢:政治の本質は何かという前提で判断すると、吉田茂さん以来、基本的に自民党政治は国民全体の幸せ、すなわち「富の配分の公平」を重視するという理念で政治を行なってきた。田中角栄先生は、地域をレベルアップして大都市と地方の格差をなくすことに力点を置き、池田勇人さんは所得倍増を掲げて国民の懐具合を豊かにしようと考えた。

 政策の切り口はそれぞれ異なるにせよ、自民党の歴代総理は「哲学」を共有してきた。

 しかし、安倍総理はその軌道から大きく外れている。アベノミクスは弱肉強食の自由競争で、地方や弱者の存在を切り捨てる政策だ。上から押しつけるだけの権威主義的な政治手法も自民党の伝統とは異質。歴代総理の中では中曽根康弘さん、そして私が政治家になる前の総理であるけれど、岸信介さんにそういう傾向が強かったように感じる。

──しかし、そうした自民党の伝統的な政治は「利益誘導」と批判され、政治の硬直化と官僚権力の増長を招いた。かつてあなたが「改革」を掲げて自民党を割ったのも、それが理由だった。

小沢:自民党政治の基本理念が間違っていたのではない。当時、権力が長期化したことで様々な弊害が生じていた。時代が大きく変わろうという時に、自民党はそれまでの政策を変えることができなかった。だから政権交代が可能な政治の仕組みが必要だと考えた。僕は政治の本質を仁徳天皇の「民の竃」(※注)の逸話だと考えている。

【※注/都の人家の竈から炊煙が立ち上っていないのを見た仁徳天皇は、3年間租税を免除し、その間は倹約のために宮殿の屋根の茅を葺き替えなかったと伝えられる】
47ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。