• このエントリーをはてなブックマークに追加
『大東亜論』原稿間もなく上がる
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『大東亜論』原稿間もなく上がる

2017-08-15 16:30
  • 1
 

『大東亜論』の原稿コピーを見たが、なにしろ2倍速で描かなきゃならないので、朝鮮の歴史と国柄を一気に説明しつつの展開。
ところが絵が入ると、実に分かりやすく、頭に入ってくる。
エロさも絶妙で、満足する出来栄えだ。
ペースは遅いが、画力は見事だから、スタッフを褒めておく。
指摘した箇所を修正してくれ。
やっぱりこの作品、熱気が漲っていて、適度におどけているから好きだな。

玄洋社研究の第一人者、石瀧豊美氏から、「同時代から見た頭山満」14が載った『玄洋』128号を送っていただいた。
ありがたい。参考にします。
トッキー、転送したからな。 

しかし韓国では慰安婦像を乗せてバスが走っているのだから呆れるというか笑える。
500体の小型少女像まで作って陳列していたり、よぼよぼの元慰安婦を歌手デビューさせたり、野球の始球式で投げさせたり、馬鹿馬鹿しさがエスカレートする一方だ。
生きがいなんだろうから、どこまで行くのか見ていたらいい。

 

 

RSSブログ情報:https://yoshinori-kobayashi.com/13786/
チャンネル会員ならもっと楽しめる!
  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
ブログイメージ
小林よしのりライジング
更新頻度: 毎週火曜日
最終更新日:
チャンネル月額: ¥550 (税込)

チャンネルに入会して購読

コメント コメントを書く

最も、韓国は英米仏によって作られた国だと思っている。
つまり、元々の朝鮮半島の領主は北朝鮮であり、韓国ではない事は歴史をきちんと検証すればわかる。
でないと国連の潘基文元事務総長が反米国家に対する圧力やサウジアラビアの金に屈して国連の信用を失墜させたことをどうやって説明できるだろうか?
国連自体、英米仏の手先であって(戦勝国でも露中はかなり批判されている。)、戦勝国(現常任理事国)全体の物ですらない。
韓国は日本や中国、北朝鮮、ロシアに比べて英米仏が利用しやすい国家なのだと実感した。
国連主義は米国追従の延長戦みたいなものだと言っておく。
今のグテーレス事務総長も英米仏によってえらばれている。
トランプを批判しているがオバマやイスラエルに対しては非常に甘いと言わざるを得ない。

No.1 59ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。