• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

週刊文集編集長・新谷学に公開討論を要求する
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

週刊文集編集長・新谷学に公開討論を要求する

2017-11-18 12:00
     

    産経新聞のコラムを見て驚愕した。
    花田紀凱が週刊文春の「山尾志桜里 一泊二日一緒に大阪出張」の見出しを丸のみして、「むろん倉持弁護士と」と書いている。
    百田尚樹は「むき出しの性欲に屈した」と言っているそうだ。 

    花田や百田は、倉持麟太郎が「ゴー宣道場」の師範であり、山尾志桜里がゲストで登壇しただけという事実を、なぜ無視するのか?

    「ゴー宣道場」を見学したこともある花田なら、週刊文春にわしの顔も名前も出ているのだから、わしの証言も目を通しただろう。

    それでも山尾・倉持が、二人で、一泊二日の、大阪旅行をしたかのように「印象操作」された記事の真偽を見抜けないのか?

    週刊文春の「印象操作」を、わざと真に受けたふりをして、既成事実化してしまえと考えているのか?
    あまりに無茶苦茶な名誉棄損である! 

    ネタ元が週刊文春のデマ記事なのだから、やはり編集長の新谷学の責任を問わねばなるまい。

    新谷学編集長は小林よしのりと公開生中継で、この記事について、対決すべきである。

    キャップの赤石晋一郎にも公開対決を求めたのだが、怯えて逃げるのだ。
    赤石は正社員ではなく契約社員らしいと聞いて、少し仏心が芽生えた。
    ならばここは編集長・新谷学との公開対決を要求したい。 

    ニコニコ生放送で場を用意してくれないものか?
    中立な場でなければ、向こうも出て来ないだろう。
    なんなら、週刊文春が持つ生放送の場に、わしが赴くのもいいだろう。

    わしは何も恐れない。
    匿名に隠れてデマを流す卑怯者とは違うからな!

     

     

    RSSブログ情報:https://yoshinori-kobayashi.com/14512/
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    小林よしのりライジング
    更新頻度: 毎週火曜日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥550 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。