• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

よしりん映画評&もくれん森友文書改竄追及!ライジング号外配信!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

よしりん映画評&もくれん森友文書改竄追及!ライジング号外配信!

2018-03-13 17:00
  • 1
 

(byよしりん企画・トッキー)

今週は号外でお届け!

小林よしのりライジング
配信です!


小林よしのりライジング2018.3.13号外

ゴーマニズム宣言
「アカデミー賞に見るアメリカの理念の復元」

今回は、毎度ご好評をいただいている、よしりん映画評!
今年のアカデミー賞受賞作や、その他、ここ1年に公開されたアメリカ映画の傾向から、アメリカという国の「理念」や、アメリカ社会の動きまでをダイナミックに分析する!

アメリカの俳優やアーティスト、クリエイターらの政治意識の高さや反骨精神は、やはりすごい。
今年のアカデミー賞を見て、つくづくそう実感させられた。
それに引きかえ、日本はどうだ?

泉美木蘭のトンデモ見聞録
「森友文書改竄、“忖度”でなく“命令”を問え」

まさに天地をひっくり返したような大騒動になっている、森友文書問題。
各マスコミ、言論人その他が政権批判というメディアの使命を意識しているか、それとも政権の提灯持ちでしかないかを簡単に判断できる方法がある。
今回の問題を、文書の「改ざん」と言っていたら前者、「書き換え」と言っていたら後者!!

言葉ひとつで、言い表す内容がガラッと変質し、特定の人間に有利な情報操作が行われる場合がある。
「忖度」も、その言葉の一つ。
ここまでのことが「忖度」で起こるわけがない。
「命令」があったはずだ!!

 

メルマガ配信サービス
「まぐまぐ!」でも配信中です!
http://www.mag2.com/m/0001657913.html

RSSブログ情報:https://yoshinori-kobayashi.com/15268/
チャンネル会員ならもっと楽しめる!
  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
ブログイメージ
小林よしのりライジング
更新頻度: 毎週火曜日
最終更新日:
チャンネル月額: ¥540 (税込)

チャンネルに入会して購読

×
少子化対策で百合は必要なのにゲイカップル以外の存在を認めないホモ達と西側メディア。
連中は何故、ホモ以外を否定するのかアホだろ。
何か米の上層部はホモソーシャルな気がする。
9ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。