• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「アカデミー賞に見るアメリカの理念の復元」小林よしのりライジング号外
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「アカデミー賞に見るアメリカの理念の復元」小林よしのりライジング号外

2018-03-13 16:15
  • 166
951eefacb240eee9a3879f2c4a292a0c4e5f6771
(号外 2018.3.13発行)

【目次】
1. ゴーマニズム宣言・第268回「アカデミー賞に見るアメリカの理念の復元」
2. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第72回「森友文書改竄、“忖度”でなく“命令”を問え」




b85d1fdb0548836db5d87afbe835709c2978757f

第268回「アカデミー賞に見るアメリカの理念の復元」

 今年のアカデミー賞は、作品賞・監督賞など4部門で『シェイプ・オブ・ウォーター』が受賞した。
 これまでアカデミー賞といえば、「なんで?」と思うような作品が受賞してポカーンとすることが多かった。
 例えば昨年の『ムーンライト』にしても、映画そのものに対する評価はともかく、作品賞にしてはあまりにも小粒すぎて、黒人のゲイというマイノリティーを描いた作品だったから、ゲタを履かせて受賞させたのではないかという「偽善」を感じざるを得なかった。
 だが、今年の『シェイプ・オブ・ウォーター』は全く納得のいく結果だった。

『シェイプ・オブ・ウォーター』もマイノリティーの映画で、主人公は唖の女性清掃員だし、周りの人間たちもゲイの画家とか黒人の同僚とか、一見、善意で描かれた映画のような作りにはなっている。
 しかしそれが偽善に感じないのは、作品のオリジナリティーが突出していて、ある意味、偽善を凌駕する不気味さに満ち満ちていたからだ。
 マイノリティーの女性が、アマゾンの奥地から運ばれてきた半魚人を助けようとする。もちろん、半魚人もマイノリティーの極致としての存在だ。
 主人公と半魚人は、言葉は通じないが、心が通い合っている。
 ところが心の通わない残忍な白人が、半魚人を軍事目的のために解剖しようとする。
 白人は半魚人を人間と思っていないが、唖の女性清掃員にとっては半魚人の方がよっぽど人間的で、言葉が通わないけれども、心が通い合えるのだ。
 ……と、こう書くとすごく陳腐な話のようになってしまうのだが、これがあのメキシコからの移民であるギレルモ・デル・トロ監督の映像のスタイルで描かれることで、怪物映画の趣も感じさせるものになっていた。
 主演女優のサリー・ホーキンスも、全然美人じゃなく、本当に便所掃除のおばさんみたいなリアルな雰囲気のあるところが見事で、なんと半魚人とセックスするというのはあまりにも悪趣味で、おぞましいほどである。

 一方、主演女優賞を受賞した『スリー・ビルボード』のフランシス・マクドーマンドが演じた主人公も、全然美人じゃない逞しい生活感のある女だった。
 ところがこの女が、周囲の住民たちから嫌がらせを受けても全く意に介せずに堂々と権力と戦っていき、その姿が実に痛快なのだ。
『スリー・ビルボード』は田舎町で孤立していく女性が主人公であり、これもマイノリティーの映画だといえる。

 こうして見ると、昨年はマイノリティーの映画が次々に公開され、しかもそれがおそるべき傑作ぞろいだったことに気付く。
『グレイテスト・ショーマン』は、フリークスばかりを集めてサーカスを始める興行師の話で、これもマイノリティーの団結を描いている。
 偽善になりかねないテーマを作品化して、それがしっかり独特の世界とエンターテインメントを兼ね備えつつ、非常に芸術性の高い映画に仕上がっており、すごく楽しかった。

『デトロイト』も、白人の黒人に対する差別心と、その裏返しの恐怖心によって起こされた、警官による暴行殺人事件を描いており、まさにマイノリティーの問題を真正面から扱った映画である。

『グレイテスト・ショーマン』は挿入歌が歌曲賞にノミネートされただけで受賞を逃し、『デトロイト』に至ってはノミネートすら一切なかった。この結果、特に『グレイテスト・ショーマン』については、わしは不満である。

『ゲット・アウト』もまた黒人に対する恐るべき白人の差別心を、恐怖映画の域まで高めてリアリティーを崩さない見事な作品だった。

 この1年間、映画の醍醐味を満喫できる傑作が続出し、しかもそれがなんとマイノリティーの映画ばかりで、アカデミー作品賞に『シェイプ・オブ・ウォーター』が選ばれるという結果は、まるでドラマを見ているようで、あまりにも劇的だった。
 トランプ政権を生み出したレイシズムの横行が、これらの映画が作られるきっかけとなったのだろうが、それが昨年の「#MeToo」運動の盛り上がりを経て、こういう形で結実したわけである。
 アカデミー賞授賞式のスピーチでは、『シェイプ・オブ・ウォーター』のギレルモ・デル・トロ監督をはじめ、受賞者やプレゼンターが、女性や移民、性的マイノリティーの問題について堂々と政治的な主張を行い、それ自体がまたトランプ政権に対する批判になっていた。

 ところが、授賞式の視聴率は前年比で2割も落ちたという。政治的メッセージを前面に出されると、説教されているような気がするとして敬遠する視聴者が多かったのだそうだ。
 どうやらアメリカでも、政治的メッセージは大衆には嫌われる傾向にあるようだ。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他156件のコメントを表示
×
皆さまも書かれていますが、自民党の和田政宗参議院議員の質問の件、これは書かないわけにはいきません。
太田理財局長が不憫でなりません。

まず内容について述べます。
この質問は、
麻生大臣や安倍首相が書き換えは「辞める」という首相答弁は「影響していない」と答弁したことに対して、太田理財局長は「影響した」と答弁している、答弁が違うということはどういうことなのか、説明したまえ!というものでした。
この発言に続いて、「野田総理の秘書官だった、まさかと思うがわざと首相をおとしめるような」という発言になったわけです。

一つは
首相は「文書の存在も知らなかった」と答弁しています。
存在も知らなかった側と文書を改ざんした側の理財局長、どちらの答弁が信用できるのか。存在も知らなかったのになぜ影響がなかったと答弁したのか、和田議員が「答弁が違う、どういうことだ」と追求すべきは首相の方だったのではないでしょうか。
二つは
「首相と答弁が違う」ことについてこれだけ自民党議員から追求されました。
首相答弁と合っていないとおかしいと追求されるわけです。
つまりは官僚の答弁も首相の影響を受けるように強制させられている現状にあるので、当然文書が書き換えられたのならばそれも首相答弁の影響は否定し得ません。
逆に和田議員の質問によって、太田理財局長の「首相答弁の影響は否定し得ない」という答弁の正当性が高まったと言えます。

続いて私自身について述べさせていただきますが、
私も公務員で「権力者の意向によって行政がゆがめられている」「文書を書き換えさせられて常識が覆された」「文書が確認できない、出したら情報漏洩だ」といったことを経験し、昨年改善策を60項目以上に渡って職員提案で提出しましたが、受け付けられずに返ってきました。
言われてやっているのに、言ってきた側から規定違反だと責められる、そんな理不尽を多々経験しています。
この事件ある意味官僚の立場に立って、書き換えさせているくせにここまで責めるのか、と身につまされる思いでも見ています。

答弁している官僚の立場は少しは理解しながら、それでも公務員の矜持を持って、国民のために、ありのまま真実を述べていただきたいと思います。

アッキード事件、どのような考察と、どのようにすべきなのか、いろいろと考えますが、明日の動画、見て勉強しようと思います。
6ヶ月前
×
【ゴー宣道場設営隊の新規志願者を募集しています】

地方ゴー宣道場推進隊長のカレーせんべいです☆

「ゴー宣道場を地元で開催してくれるなら設営を手伝ってみたいなぁ」
「ゴー宣読者同士で交流をしてみたいなぁ」

そんな方は《地方ゴー宣道場の設営隊》に志願してみませんか?
『ゴー宣道場の全国展開』や『ゴー宣道場カフェ構想』が実現するかどうかは【新規志願者】という名の勇気次第です!!
孤独なゴー宣読者同士が結集して『議論を楽しむ文化』を一緒に立ち上げたいですo(^o^)o

そして「ゴー宣読者同士で交流を持つこと」はとても楽しいです☆
私が見てきたゴー宣読者達は、常識と現場をしっかり持った上で、明るくてノリが良くて、だけど本当はシャイ(臆病)な人がほとんどです。
そんなゴー宣読者同士が「ゴー宣作品の感想」や「現場からの報告」を交換し合うことで、お互いの勉強になっています☆

《地方ゴー宣道場の設営隊》に興味を持たれた人は、
下記のメールアドレスまでご連絡ください☆
chiho.gosen.dojo@gmail.com
6ヶ月前
×
『よしりん辻説法1』人気投票に投稿します!
な、なんとか間に合った・・・(汗

【口は災いの元】
最初このシュールな内容に戸惑いました!
単純にある閉鎖空間のシチュエーション・コメディとして楽しみました。
そう、「おわりに」を読むまでは!

【言わぬ事は聞こえぬ】
く、「口は災いの元」と対句のようになっているではないか!?
ばちーん!
俺の脳みそばちーん!
時代ごとに若者からどんどん活力が失われてゆく中で、
ついに社会全体に「他愛のない」が蔓延してしまってる。
衝突を避ける事は利口なのかもしれないが、
言わぬ事は聞こえぬのだ。
言わぬ奴隷に口なしなのだ。

【人の不倫見て我がふり直せ】
女の秘所は一線なり!
男の秘所は一棒なり!
一棒で一線を突く!
これを一線を超えるというなり!
………今世紀最大の名言です。
小林よしのりが右翼だって!?
こんな面白い右翼がどこにいるんだ!
ピカッ ゴロゴロゴロゴロ……
6ヶ月前
×
青山や和田は質問と称して安倍の言いたいことを言っているということですね。そうじゃなければ、安倍は総裁としてその場で「私はそんなこと思っていない。そんな質問この場でするな」と注意するはずでしょう。
青山と和田は党員として安倍を忖度した質問をしているというわけですね。
6ヶ月前
×
遅くなりましたが、配信、有難うございます。
今回は自分も忙しいので、あまり記すことはないです。
よしりん企画は、仕事をたくさんかかへて、なほかつ次の道場、生放送とのことですが、大丈夫なのでせうか。

1. ゴーマニズム宣言・第268回「アカデミー賞に見るアメリカの理念の復元」
 アメリカ合衆国も、当初から当局への批判精神に満ちあふれてゐたわけではなく、レッド・パージといはれた共産主義への過剰な弾圧を経てきてゐる、といふ事実を忘れてはならない、と思ひます。バーブラ・ストライザンド主演の作品、「追憶」(日本ではネスカフェのCM歌で有名でしたが)が確かその時代の恋愛をゑがいたものでしたし、「紳士協定」(薬師丸ひろ子の映画ではない)といふ、ユダヤ人差別を描写した作品をとった監督も、レッド・パージで仲間の、共産主義の疑ひのある人を告発させられた、といひます。映画ではないですが、ダシール・ハメットもレッド・パージの被害を受けたと聞きます。
 確かに当時は冷たいカーテンの引かれた時代に突入しつつもあったので、政府としても必要以上に用心深くなり、神経質になってしまった、といふことはあるのでせう。しかし、思想弾圧は決してあってはならないことですし、アメリカもかうした体験の中で文化を発展させてきたのだから、日本だって、権力におもねってゐるだけではなく、批判精神に滿ちた優れた作品を生み出せる土壌はある、と私は思ひます。

 あと、あんまり関係ないけれども、なぜ「シェイプ・オブ・ウォーター」なのでせうか。「水の形」としてはまづかったのでせうか。確かに外国語には「セレンディピティー」みたいに訳しづらい言葉もありますが、それでも、翻訳して、テーマを日本人全般にわかりやすくする使命が、興業をする側にも求められてゐるのではないのでせうか。かういふところからも、「文化の成熟」をはかることができると思ひます。

2. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第72回「森友文書改竄、“忖度”でなく“命令”を問え」
 正直、ここまで来て、なぜこの政権をかばふ人たちがゐるのか、理解に苦しみます。改憲が遠のくのはかなしいことですが、まづはこの政府に責任をとらせることが肝要か、と思ひます。もうこれ以上、書きたくないですね。あんまりにもいろいろ言はれすぎましたから。
 あべあきゑは、後世、どのやうに評されるのでせうか。日本のアグリッピナ?平成末の日野富子?否、どちらも自身の息子の教育もしようとしてゐるので、まだましなのかも知れないです。東ローマのテオドラはユスティニアヌスをむしろ助けた方で、賢妻だったわけですし。
 それにしても、他人の考へを「忖度」って、超能力か何かなのでせうか。それとも、シャーロック・ホームズ?私たちは社会に出ると、上の人の意向を察知しないと、社会人失格みたいに言はれつづけて、神経質になりすぎてゐるのではないでせうか。
 自殺者がまた出た、といふのが気の毒でならないです。世の中には告訴を取り下げて欲しいと女性をあやめる愚か者もゐるさうで、どうしてつまらないことばかりするやからが闊歩してゐるのでせうか。人間は兄弟だ、といふCMがはやった時代がありましたが、一歩下がった、距離のあるところから物事を見てみて、冷静に判断することも必要なんだと思ひます。そして、言葉で論理的に説明する、といふ習慣ができて欲しいです。さうすることで、文化は成熟するのだと思ひます。

 といふことで、何だかテーマを完全に把握できたかどうか分かりませんが、次回も期待します。次の道場も応募者が殺到して、成功して欲しいです。
6ヶ月前
×
安倍の馬鹿さ加減も際立ってました。
曰く、夫人の発言は籠池氏の発言を代弁してるから記載されたのだと。
それを口利きというんじゃ!!
と公民何人が突っ込んでいるか想像もできない馬鹿
6ヶ月前
×
>「おかしい!これではわしは全然「ゴリゴリの反米主義」ではない。
>むしろアメリカが好きってことになってしまうではないか!」

今回のゴー宣を読んで、アメリカはヒドイ国である反面、よしりん先生のような
プロフェッショナルとは相性の良い国柄のように思いました。

去年、籠池夫妻に全ての責任を押し付けて解決を図ろうとした森友問題が
再燃してますが、明恵を証人喚問できるかどうかで、この国の自浄作用の
有無を測る物差しになるような気がします。
6ヶ月前
×
「佐川氏の証人喚問、自公が合意 27日が有力」とネットニュースに出ていました。
今夜の生放送は放送後にYoutubeで無料公開した方がいいかもしれませんね。
6ヶ月前
×
Youtube Liveに初上陸ついに来ましたね~ ^^;
ニコ生も良いですが、Youtube Liveでの配信も主流になりつつあります。楽しみにしています。Youtubeもネトウヨの巣になってるのでおそらくコメント欄が荒れると思いますが、がんばってください。笑
ゴー宣道場もニコ生とYoutube Liveで同時配信できるようになるとさらに幅広く見てもらえると思います。
6ヶ月前
×
高森師範の記事を読む。
首相が天皇陛下を仰ぎ見る形のまで文句をつける者がいるとは思わなかった。
無礼を通り越してその発想力に感心してしまう。(失礼)
まさに国民主権の病だなあ。
天皇と首相の立場の差は当たり前として、個人的には天皇と安倍の差は太陽と使い捨てカイロ程の差があると思っている。
仰ぎ見る姿勢が丁度良い。
5ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。