• このエントリーをはてなブックマークに追加
慰安婦問題「合意」は解決できるのか?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

慰安婦問題「合意」は解決できるのか?

2016-01-10 13:30
  • 1
 

慰安婦問題での日韓「合意」は相当難しい課題が秘められている。
一般国民の感覚では、もうゴタゴタは飽きたから、
「不可逆的な解決」で「合意」したのならめでたいことだ、
そっとしておこう、この程度だろう。 

だが、そもそも河野談話の「強制性」を認めるレベルで「合意」が
可能なら、事態がなぜこじれてきたのか?
結局は河野談話に戻り、その上、政府の責任を認め
(これは国家の責任を認めたも同然)、さらに国庫からの
10億円の支出と来たら、国家賠償したに等しい。

つまり橋本内閣のときより、もっと日本に不利な条件で、
譲歩したのではないか?
日韓基本条約の「完全かつ最終的解決」という国際条約は、
反故にしていいものか?
あまりに韓国を甘やかしすぎではないか?
まさにこれは韓国の「ごね得」ではないか?
そういう問題は日本国内で議論されていない。 

わしは慰安婦問題で、前借金で未成年に労働を強制するのは、
「現在の世界の価値観では」奴隷制と見られるということを
『新戦争論1』で描いた。
さらに松竹伸幸氏を招いて、慰安婦問題でどこまで日韓が
歩み寄れるかを探る議論も行ってきた。
だが、わしは『新戦争論1』でも描いた通り、あくまでも
日韓基本条約は前提としていたので、今回の日本政府の譲歩は
わしが想定していた以上の謝罪・賠償のレベルに達している
気がしてならない。

アメリカから背中を押され、現在の安全保障のために、過去の
日本兵たちの尊厳を傷つけてしまっていいものだろうか? 

今回の「合意」は文書化もされておらず、日本大使館前の
慰安婦少女像を実力行使で撤去する覚悟が韓国政府にあるのか?
海外の慰安婦像は撤去しないのか?
あまりにも漠然とした「合意」で日本国民は一件落着と
思い込んでいるが、浅はかすぎるのではないか?

214日の「ゴー宣道場」は、わしがかつて慰安婦問題の
真実究明で、共闘してきた藤岡信勝氏を迎えて、
徹底討論をする。
わしがいるのだから、右派と左派に完全分離した、
善悪二元論の議論にもならないだろう。

さあ、どんな議論になるか、楽しみに応募してくれ。

 

↓ 「ゴー宣道場」参加ご応募は下の画像リンクからどうぞ!

link-pic4

 

 

RSSブログ情報:http://yoshinori-kobayashi.com/9383/
チャンネル会員ならもっと楽しめる!
  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
ブログイメージ
小林よしのりライジング
更新頻度: 毎週火曜日
最終更新日:
チャンネル月額: ¥550 (税込)

チャンネルに入会して購読

コメント コメントを書く

慰安婦問題を解決するにはやはり韓国側が米軍慰安婦を問う以外にないと思います。

米軍慰安婦を問えば、原爆投下と同様に必ずアメリカの戦争犯罪の責任が飛んでくるし、ロシアやイランも好意的に取り上げるだろう。
アメリカに対する公然な批判が日韓両政府ともなさすぎるし、韓国の反日や日本の嫌韓よりもロシアやイランみたいな反米感情を知ることが両国民にとって重要ではないだろうか?
韓国も旧日本軍の慰安婦問題はアメリカの戦争犯罪である米軍慰安婦を隠すものに過ぎないにも関わらず、アメリカを非難できない姿勢は内政を滅茶苦茶にする。
韓国、日本、ドイツはアメリカを非難する力が欠けるしアメリカを公然と非難して米軍を追い払う力が大事だと思います。

原爆投下はアメリカの戦争犯罪は紛れもなくロシアやイランは好意的に取り上げたし、この2か国にはアメリカの戦争犯罪を問える力が大きいと思います。
中国は、経済アメポチ状態から脱却しないとアメリカの戦争犯罪を問えることが出来ないと思います。

アメリカを公然と非難する力があればアメリカなんて怖くないし、北朝鮮の水爆実験は平和条約締結を拒否したアメリカや北朝鮮脅威論を出し過ぎた韓国が北朝鮮を追い込まさせた確信犯だから特に米韓両政府に責任があります。(勿論、日本にも責任があるが。)
国連でもイラン、シリア、北朝鮮なら非難されるが欧米は賛美される矛盾が多い。
メルケルの難民受け入れだってイランやロシア、北朝鮮だったら確実に非難されそうで怖い。

No.1 78ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。