• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

小島聡まさかの「四冠王者誕生」ズンドコ模様■ズンドコ・トラブル興行研究会<漁師JJ・編>
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

小島聡まさかの「四冠王者誕生」ズンドコ模様■ズンドコ・トラブル興行研究会<漁師JJ・編>

2017-08-20 12:24
    「ズンドコ・トラブル興行研究会」!! プロレス格闘技のウラに精通する書き手たちがマット界を騒がせたズンドコな事件を振り返ります! 今回はプロレスブログ「多重ロマンチック」の漁師JJさん。今回のテーマは「小島聡まさかの四冠王者誕生ズンドコ模様」!




    【関連企画】


    アントニオ猪木が「整理」したスポーツ平和党



    2017年のG1クライマックス。白星は8月5日、大阪大会で上げたひとつだけの1勝9敗で終わったのは小島聡。相棒・天山広吉の思いを背負い闘ったが惜しくも頂点には届かなかった。

    しかし必殺のライトアーム・ラリアット、男女ちびっこともに愛されるピープルズチャンピオン・小島聡は10年前には新日本プロレスどころか全日本プロレスもあわせた頂点に立っていた。これが世に言う2005年の「2・20四冠王者誕生事件」。別名「脱水事変」ともいわれるIWGPヘビー級王者と三冠ヘビー級王者によるダブルタイトルマッチ。

    試合は60分1本勝負。59分45秒、あと15秒たっていられればドロー、両者王座防衛で引き分けのところを猛牛・天山の脱水症状KO負け。4本の王座は当時全日本プロレスに所属する小島のもとへ。


    この続きと、中村頼永・前後編、呪われた鉄の爪、グレート小鹿、RIZIN現実と理想トーク、堀口恭司、那須川天心…などの記事がまとめて読める「12万字・記事詰め合わせセット」はコチラ 
     

    この記事だけをお読みになりたい方は下をクリック!
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。