• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

男vs女はドメスティックバイオレンスを連想させる?…ミックスドマッチ事情■インディ通信「フリーバーズ」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

男vs女はドメスティックバイオレンスを連想させる?…ミックスドマッチ事情■インディ通信「フリーバーズ」

2018-06-01 00:00
    アメリカのインディプロレスの“現在”を伝える連載! アメリカインディープロレス専門通販「フリーバーズ」(https://store.shopping.yahoo.co.jp/freebirds)を営む中山貴博氏が知られざるエピソードを紹介していきます! 今回のテーマは男vs女はドメスティックバイオレンスを連想させるのか……アメリカミックスドマッチ事情です!




    <関連記事>

    ・血の雨が降る! アメリカの夏、デスマッチの夏に大日本が参戦

    ・CMパンク、おまえはそんなところで何をやってるんだ?


    ・サスケ熱唱! 鈴木みのるの男気も炸裂!『裏レッスルマニア』で何が起こったか?

    ・これはなんだ? レッスルマニアの裏側で「2018年のUWF」開催!!

    ・【#MeToo】マイケル・エルガンはすべてを失ってしまったのか

    ・TOO SWEETじゃなくてTOO DEEP!! 世界一卑猥なハンドサインをご存知?

    ・アメリカ第3の団体ROHを変えた2人の日本人プロレスラー



    2018年3月30日イギリス――里村明衣子が身長193センチの大男クリス・ブルックスと向き合っていた。およそ40センチという身長差をもろともせず、里村は大男のクリスからベルトも奪い取った。イギリスのインディー団体「Fight Club:PRO」のビッグイベント『Dream Tag Team Invitational 2018 Night 1』。里村は同団体の第12代王者となった。

    b0407e8a1990609417e96eaade0006b973d3667f

    Fight Club:PROは、Revolution Pro Wrestling や、PROGRESS Wrestling らと並ぶ英国トップインディーの一つで、WWE(NXT)でも活躍しているトレント・セブンがオーナーを務める男子団体だ。

    里村が奪取したファイトプロ王座は、同団体最高峰の勲章であり、女子選手が同王座に就いたこともなければ、日本人で獲得した選手は誰もいない。異国の地で男子レスラーを破り、里村が団体のトップになったという快挙は、日本では大きく報道されることもなく、あまり話題にならなかったのは残念至極である。

    試合序盤、ブルックスはヒザをついて背を低くしたりと、里村を小馬鹿にするような態度を取った。そんなブルックスに、得意の重い蹴りをバンバン打ち込む里村。ピンチと見たブルックスのセコンド陣の介入もあったが、王座戦らしく一進一退の攻防が続いた。終盤には里村が打ち込んだエルボーがレフリーに誤爆し、レフリーが失神するなど混乱したリング上であったが、最後はスコーピオライジング、そして、STFをガッチリ決めて、193センチの大男をタップアウトさせた。そこには、体格差も男女差もなかった。

    「インタージェンダーレスリング」とも「ミックスドレスレリング」とも言われる男女混合試合(男子レスラー対女子レスラーの試合)は、プロレスを格闘技やスポーツとして捉えている日本では、「男性と女性が戦うのはリアリティがない」と考えられているのか、シングルマッチではあまり行なわれない試合形式である。



    この続きと、安田忠夫最終回、朝日昇、天心訴訟、ベイダー、QUINTET、ザンディグ……などの記事がまとめて読める「11万字・記事21本の詰め合わせセット」はコチラ 
     

    この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。