• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

血の雨が降る! アメリカの夏、デスマッチの夏に大日本が参戦■アメプロインディ通信「フリーバーズ」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

血の雨が降る! アメリカの夏、デスマッチの夏に大日本が参戦■アメプロインディ通信「フリーバーズ」

2018-05-15 11:34
    c8b62d823a53f7ea7d286825311cbba75ba23c1b
    アメリカのインディプロレスの“現在”を伝える連載! アメリカインディープロレス専門通販「フリーバーズ」(https://store.shopping.yahoo.co.jp/freebirds)を営む中山貴博氏が知られざるエピソードを紹介していきます! 今回のテーマは血の雨が降る! アメリカの夏、デスマッチの夏に大日本が参戦です!




    <関連記事>

    ・CMパンク、おまえはそんなところで何をやってるんだ?

    ・サスケ熱唱! 鈴木みのるの男気も炸裂!『裏レッスルマニア』で何が起こったか?

    ・これはなんだ? レッスルマニアの裏側で「2018年のUWF」開催!!

    ・【#MeToo】マイケル・エルガンはすべてを失ってしまったのか

    ・TOO SWEETじゃなくてTOO DEEP!! 世界一卑猥なハンドサインをご存知?

    ・デスマッチ仁義なき戦いに警察も出動! GCWシュート事件とは何か

    ・アメリカのデスマッチキングは銀行強盗犯…ニック・ゲイジの最狂人生

    ・アメリカ第3の団体ROHを変えた2人の日本人プロレスラー



    「血はリングに咲く花」というのは、グレート東郷の有名なキャッチコピーであるが、昨今のメジャープロレス界では、血を流すことは良しとされない風潮になってきている。

    WWEはテレビで見ているファミリー向けPG路線になってから、偶然のバッティング等による流血を除くと、血を見ることはまずない。つい最近、新日本プロレスでも、レフェリーが内藤哲也の額をカットする場面が映ってしまい、それがSNS上で拡散されることがあった。流血シーンを見慣れない最近のファンにとっては、顔面が血で染まった内藤の姿、そして“プロレスの裏側”を見てしまったことに衝撃を受けてしまったようだ。

    現在、真っ赤な血に染まるデスマッチを見ることができるのは、インディーだけとなっていて、アメリカではCZW、IWAミッドサウス、GCW、日本では大日本プロレス、FREEDOMSなどが、流血NG風潮など我関せずなデスマッチフリーク、流血マニアたちから根強い人気を誇っている。

    アメリカでは、「Summer of Ultraviolence」と言われているデスマッチシーズンが、今月から始まり各団体でデスマッチトーナメント大会が開催されている。

    血の雨が全米各地で振り注ぐ中、GCWのデスマッチトーナメント大会「ザンディグ主催トーナメント・オブ・サバイバル」も今年で3回目を迎える。GCWは日本ではFREEDOMSとの結びつきが強いイメージがあるが、今回は前職が神奈川県警警察官だったという異色の経歴を持つ植木崇行が参戦。


    この続きと、サバイバル飛田、朝日昇、馬場元子、RENA劇場、倉持隆夫などの記事がまとめて読める「13万字・記事23本の詰め合わせセット」はコチラ 
     

    この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!


     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。