• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

これはなんだ? レッスルマニアの裏側で「2018年のUWF」開催!!■アメプロインディ通信「フリーバーズ」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

これはなんだ? レッスルマニアの裏側で「2018年のUWF」開催!!■アメプロインディ通信「フリーバーズ」

2018-03-13 19:04
  • 1
  • 1
アメリカのインディプロレスの“現在”を伝える連載! アメリカインディープロレス専門通販「フリーバーズ」(https://store.shopping.yahoo.co.jp/freebirds)を営む中山貴博氏が知られざるエピソードを紹介していきます! 今回のテーマはレッスルマニアの裏側でアメプロインディが「2018年のUWF」を開催!!です!




<関連記事>

・【#MeToo】マイケル・エルガンはすべてを失ってしまったのか

・TOO SWEETじゃなくてTOO DEEP!! 世界一卑猥なハンドサインをご存知?

・デスマッチ仁義なき戦いに警察も出動! GCWシュート事件とは何か

・カナダの狂乱のハードコア団体『IWS』――人生の栄光と転落

・アメリカのデスマッチキングは銀行強盗犯…ニック・ゲイジの最狂人生

・知ってるようで知らないアメリカ第3の団体ROH

・アメリカ第3の団体ROHを変えた2人の日本人プロレスラー




いよいよ一ヵ月をきった今年の『レッスルマニア34』(4月8日アメリカ・ルイジアナ州ニューオリンズ)。中邑真輔vsAJスタイルズ戦やロンダ・ラウジーのプロレスデビュー戦などが目玉になるが、ここ数年、レッスルマニアの数日前からその近郊で開催されているインディー団体の大会「裏レッスルマニア」も、かなり面白いことになっている。


レッスルマニア3日前の4月5日、GCWが開催する「裏レッスルマニア」も注目だ。「Bloodsport」と題されたこの大会は、ノックアウト、もしくはサブミッションのみでの決着という、“プロレスラーが格闘技ルールでプロレスをする”試合スタイルで行なわれるのだ。

013df33c5fa9bbb2f33d2b06bec2d84b66a80f7b

・マット・リドルvs. ロウキー
・ダン・スバーンvs. クリス・ディッキンソン
・トム・ローラーvs. ウォルター
・ドミニク・ガリーニvs. カイル・ザ・ビースト
・ティモシー・サッチャーvs. ニック・ゲイジ
・トレイシー・ウィリアムズvs. エディ・キングストン

左側がインディー界を代表するサブミッションを得意とするレスラー。右側が打撃系、しかもインディー界きってのハードヒッティングな選手たちである。よくぞここまで腕っぷしに自信のある、荒ぶる屈強な連中を揃えたものだと感心する。まるで「2018年のUWF」とも言えるこの格闘プロレス大会が、アメリカのインディーレスラーたちによって、裏レッスルマニアで開催されるのが、とても興味深い。

この大会のプロデューサーは、同大会にも出場する“いま最も忙しいインディーレスラー”マット・リドルだ。北米だけでなく、イギリス、ドイツなどの欧州の団体からも参戦依頼が舞い込み、もはやインディープロレス界を代表するプロレスラーの一人。GCWから「裏レッスルマニア」のプロデュースを依頼され、「2018年のUWF」を実現させることになった男はどんな人物なのか――。



この続きと、「プロレスとヤクザ」、中井りん、山田学、告発者B氏、安田忠夫、池田大輔などの記事がまとめて読める「15万字・24本の記事詰め合わせセット」はコチラ 
 
この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
WWEの会場で映し出される『AUSTIN 3:16』に紛れて、よく『RVD 4:20』というプラカードがあったのですが、420がマリファナを意味するものだというのを最近知りました。
5ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。