• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

MMA業界のジャンヌ・ダルクか? 元UFCファイター、レスリー・スミスが労働組合結成に大奔走!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

MMA業界のジャンヌ・ダルクか? 元UFCファイター、レスリー・スミスが労働組合結成に大奔走!

2018-07-01 00:00
    Omasuki Fightの北米MMA抄訳コラム「MMA Unleashed」――今回のテーマは「元UFCファイター、レスリー・スミスが労働組合結成に大奔走!」です!




    【衝撃レポート】ジョシュ・バーネットはいかにして、薬物検査失格の疑いを晴らしたのか




    ただのトンパチか、それともMMA業界のジャンヌ・ダルクか? 元UFCファイター、レスリー・スミスが労働組合結成にたったひとりで大奔走!


    2017年5月にラスベガスで開催されたUFCアスリート・リトリート(UFCファイター全員参加の研修慰安イベント)にゲストとして招聘(しょうへい)され講演を行ったNBAスーパースターのコービー・ブライアントに、「UFCファイターが労働組合を結成することについてどう思いますか」と決然と質問を投げかけた女子選手がいた。レスリー・スミス(35)である。社長もオーナーも顔をそろえる会社主催のイベントで、会社への背信と見なされても仕方のないような質問を堂々とやってのけるスミスのトンパチぶりを、多くの米MMAメディアは馬鹿負けのような驚きをもって報じたものだった。

    ちなみにブライアントも、慌てず騒がず、ニッコリほほ笑んで次のように答えたというから役者が違う。

    「皆さんが歩調を合わせて1つになれば、このスポーツはますますよいものになりますよ。今の世代だけではなく、これから将来の世代にとっても役に立ちます。労働組合は非常に重要です」

    2016年ごろ、MMAファイターの労働組合結成はホットなトピックスだった。しかし、プロ野球の敏腕エージェント、ジェフ・ボリス氏が主導したProfessional Fighters Association、ベラトール創業者ビヨン・レブニーが立ち上げたMMA Athletes Associationは共に、立ち上げこそ笛や太鼓の騒ぎだったものの、これといった実績を残すことなく静かに活動を収束させている。

    どちらの団体にも参加をしていたスミスは、「どうもそもそもの目的がおかしい、労働組合活動は選手主導でなければ動かない」と感じていたという。



    この続きと、マサ斎藤、マシン引退、天心vsロッタン、北原光騎、WWEvs新日本……などの記事がまとめて読める「11万字・記事19本の詰め合わせセット」はコチラ http://ch.nicovideo.jp/article/ar1639388

    この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。