• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【ドキュメンタリストの穴】第八十五回 生放送を終えて【鈴木伸英】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ドキュメンタリストの穴】第八十五回 生放送を終えて【鈴木伸英】

2020-05-31 20:30
    ドキュメンタリストの穴

    第八十五回のタイムシフト視聴は下記URLよりお楽しみください!
    (※6月6日(土)の23時59分59秒まで視聴可)
    https://live2.nicovideo.jp/watch/lv325978436


    INDEX

    ■about ニコニコチャンネル【ドキュメンタリストの穴】

    ■お知らせ

    ■from スタッフ二号

    ■現場写真

    ***************

    ■about ニコニコチャンネル【ドキュメンタリストの穴】

    20a37c43ed2a0241d7d613f6986e026b9300daf9

    <番組について>
    □ニコニコチャンネル【ドキュメンタリストの穴】(=通称【DQ-ANA】)は、「ドキュメンタリスト」専門の対談番組です。毎回、話題のドキュメンタリー監督らをゲストに招き、心の深淵と作品について話し合います。


    <生放送>
    □月1回・2時間程度の対談生放送を予定しています。


    <ブロマガ>
    □最新情報・生放送の予定といった「更新情報」のほか、毎回の対談に併せた「対談の感想」「編集後記」などが配信されます。


    <料金>
    □【ドキュメンタリストの穴】のすべてのサービスをお楽しみいただくにはチャンネル入会が必要です。「月額330円」ですべてお楽しみいただけます。


    <チャンネル会員・非会員のサービスの違い>
    □対談生放送の【前半部分は無料】です。チャンネル会員・非会員どなたでも視聴可能です。
    □対談生放送の【後半部分から有料】です。チャンネル会員のみ、対談の続きが視聴可能です。

    □ブロマガの「更新情報」は無料です。チャンネル会員・非会員どなたでも閲覧可能です。
    □ブロマガの「対談の感想」「編集後記」はチャンネル会員のみ閲覧可能です。

    ***************

    ■お知らせ

    □HUMAXシネマの営業再開情報はコチラ!↓

    ※HUMAXシネマ(公式サイト)
    https://www.humax-cinema.co.jp/


    □銀座シネパトス最後の日を一日中中継した映像はコチラ!↓

    ※ありがとう、さようなら、銀座シネパトス!(【ドキュ穴】運営の公式サイトのリンク)
    https://bit.ly/36fYt0J


    □ほぼ100%銀座シネパトスロケ映画もぜひどうぞ!

    ※映画『インターミッション』DVD(Amazonリンク)
    https://amzn.to/2XjgacQ


    □今回のゲスト・鈴木伸英さんが対談で着ていたTシャツのロゴの映画(8/5(水)盤リリース)はコチラ↓(溢れる映画愛つながり)

    ※映画『スペシャル アクターズ』(公式サイト)
    https://special-actors.jp/

    aa5a5fba43490fd3df19ce4ecfb9cad857ed7fdd
    (撮影:森谷博)

    ***************

    ■from スタッフ二号

    <第八十五回生放送を終えて>

    e8dd13f933a2314151c937e89085a7b4a678b2cf

     今回の【ドキュメンタリストの穴】、ゲストは元「銀座シネパトス支配人」で現「HUMAXシネマ劇場総支配人」の、鈴木伸英さんをお迎えしました!

     映画を作る人や映画を配給する人のお話しをうかがってきました【ドキュ穴】、ついに劇場(コヤ)の人をお呼びしました。しかもHUMAXの総支配人!実は、鈴木さんとMC金田には深い縁がありました。それは7年前の「銀座シネパトス」閉館最後の日、MC金田率いる生放送チームが、銀座シネパトスの最後の姿を中継し続けたこと。シネパトスを見守る様々な方を、ともにお見送りしました。そして、シネパトスが一番好きな劇場で通い倒したという経験。

     当時のエピソードには鈴木さんの伝説が数多く見られ、スタジオ内は一気に懐かしい雰囲気に。時計塔が東日本大震災の発災時刻で止まっていたこと、半地下のトンネル内はとても暑くとても寒かったこと、並びの名物飲食店で映画について語り合った日々……そして最後に大爆発した銀座シネパトスの最後のシャッターが下りた姿。銀座シネパトス支配人時代の鈴木さんの努力には、本当に映画愛が詰まっていましたね!ぜひ上記URLに全アーカイブあるのでご覧ください。

     そして映画愛の塊のような鈴木さんの少年時代の話へ。割とスタンダードにブルース・リーや『ロッキー』が好きだったことなどは、誰もが共感できる「映画オタク」の見本のようです。早稲田の学生時代のサークル「ユースホステルクラブ」というややハイスペック気味の謎期間を経て、HUMAXに入社。

    鈴木「大好きな映画を沢山観させてもらったし、沢山の人に観せることができた。会社には感謝しかありません」

    という素敵な言葉が印象に残りました。う〜ん、一人ニューシネマパラダイス!

     後半は、最近の映画館事情について。自粛期間中は、 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。