• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

<ビュロ菊だより>No.86「秋の製品達+」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

<ビュロ菊だより>No.86「秋の製品達+」

2015-10-28 09:00

     えー「レクイエムの名人」も「ユングのサウンドトラック」も、あっという間に重版になりまして(「時事ネタ嫌い」は、なってない・笑・泣きも炎上もないからでしょうか。うううううう。泣きや炎上の本じゃないのにー)、大変有り難い話でございます。とはいえ好事魔多し「ご自分でご自分を名手って仰るんですか。なかなか成シストですね」といった気持ちの悪い嫌がらせがじとじとじとじとと届くのですが(苦笑)、じとじとじとじとしてないで、買って最後までしっかり全部読んで下さい。事情が書いてあるんで。本当は「死神」という予定だったんですよ。

     <読んでも尚、知らない場合があるかなと思われる事の補注>

     クラシック音楽の世界には「レクイエムの名手」という、一種の決まり台詞がありまして(他にもノクターンの名手。とかいろいろ。ファンクに於けるグルーヴマスターとか、そういう感じです)、その引用でもあり、かつまた、尊敬する嵐山光三郎さんに「追悼の達人」という追悼集の名著があり、それも二重に掛かっています。あと「死神」というタイトルは、何故か、ですが「火花」にあやかった感じがする、というのもありますね(笑)。

     いずれにせよ、何から何まで何もしらなくせに人に厭味言うのは、ご自分の為にも止めた方が良いです。厭味というのは大変な賢者のする事であって、基本的には善行ですあれは。無知無教養のままあれをやると、ネットによる世界環境の汚染(陰性感情の循環)が悪化するだけなので、「あ、自分は馬鹿だな。何も知らないな」という自覚がある方は、黙りましょう。やってみ。黙ってたって死なないから。環境に優しく生きようよ。エコロジーは今や、CO2や放射能ではなくて、無知で純粋な呪いの蔓延と循環の方を主に扱った方が良いですよね。

     まあ、環境とか関係なく、ワタシがナルシシストかと言われれば、ネチズンの人々の<異様なまでの、ちょっとたじろいでしまうほどの偉さ>に比べれば、とてじゃないけど叶わない程度にはイエス。としか言いようがありませんが(笑)。まあまあ、ネチズンの皆様は、ワタシとは国籍こそ違いますが、隣国同士な訳ですから、なかなか仲良くするのは難しいともいますけれども、我々も中韓とは仲良くしておいた方が、やっぱり実り多いですすしね。麻婆豆腐とか。
     
     と、

    「レクイエムの名手」
    「ユングのサウンドトラック」
    「時事ネタ嫌い」


    「歴史は夜作られる(ペペのDVD。入門編にもマニアにもこれ最適だと思うんですけどね。「ユング」などお買い上げ頂いている映画ファンの皆さんにも。ワタシばっかり映ってる訳じゃないですよコレ・笑・なんでぜんぜん売れないのだろうか)
    「フランツカフカの南アメリカ」(特にどこが動とかではなく、ものすげー良いと思うんですけど。なんでぜんぜん売れないのだろうか)
    「戒厳令」(菊地凛子さんが日本語でした仕事の中で、最高傑作だと思いますけどね。凛子さんには悪いけど。何で全然売れないんだろうか)
    「戦前と戦後」(寝かせれば寝かせるほど良いと思いますけどね。何でぜんぜん売れないのだろうか)

     *ついでに有料メールマガジン「ビュロー菊地チャンネル」

     等々をお買い上げ頂くと(会員になって頂くと)、事務所の運営やレーベルの運営が闊達に成り、ものんくる、小田朋美さん、大西順子さん、けものさん、菊地成孔さんのソロアルバム、などが、より良い状態で製作出来ますので、ご協力頂けると有り難いです。なにもワタシ、大金持ちになって代理店みたいな仕事して私腹を肥やそうとした事なんか一度も無いですから(漠然とそういう奴だと思われてるみたいなんで・笑)、ただただ良い音楽を作りたいなと思っているだけです。

     と、そんな最中
     
     NHKらららクラシック」に出ます。



     サティのジムノペディの回ですね。テレビ、特にバラエティではポンコツなワタシですが(笑)。音楽番組という事で、一応まあ仕事はして来ました。見てのお楽しみ。という感じでしょうか。まだオネアされてませんよー。

     雑誌の登場も大漁ですね。

     アントニオ・ローレイロとの対談が今号の「ラティーノ」に掲載されています。すんげえ面白い。

     MC漢さんとの対談が次号の「ブルータス/スナック特集」に掲載されます。すんげえ面白い(因に、今号の「ハワイ特集」にも、ちょーっとだけ出ています。ローリーを探せ「さや侍」から)。

     あと現在、ペペトルメントアスカラールの旧作がいくつか、SONYご自慢の高音質リマスタリングされてTABOOから出直しています。「野生の思考」の「ファムファタール」とか、今、爆音で聴くとすげえ良いですよ。ペペは音がアコースティックで分厚いので、高音質リマスタリングするとぐんと聴き易く成りますね。

     11月はdCprGのライブと、前日のリハをストリーミングしますので、地方なので来れない。という方もお楽しみに。来る方は覚悟して来て下さい。経験した事が無い状態になります。

     どうしてもライブ無理。というかたには、10月31日の名越先生と、11月14日の末井昭さんと(「レクイエムの名手」出版記念@ABC)、何せあのキューバップ(結局、今年の音楽ドキュメンタリー映画のナンバーワンでした。これ見て何も感じないとか、そもそも興味ない。という方は、「スペインの宇宙食」読みながら気が狂うだけの人生ですんで、捨てちゃいましょうあの本)の上映&トークイベントがありますんで(11月23日)こちらへどうぞ。単に予感ですが、全部、物凄い面白い様な気がします。

     それでは、なんか、いろんな所で!韓流ドラマはユチョン主演の「セヴンデイズ」と、パク・シネ主演の「ピノキオ」ですよ!!BET(ブラックエンターティメンとテレビジョン)の感想、最近自費で見た映画の話等は有料世界で!!ごきげんよう!!


     と、ここから無料世界のネット終わりまして、有料世界の皆さんだけになりますが(本当にラジオみたいだな)。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。