• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事執筆の力配分。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

記事執筆の力配分。

2016-04-21 13:32
  • 5
 このところ、暇に飽かせてまじめに更新しているせいか、過去1週間の退会者が0になりました。

 その一方で入会者は一定数を記録しているので、少しずつではありますが会員は増えていることになります。

 やっぱりまじめに更新すると違うんだなーと、何度目かわからない悟りを得たしだいです。

 ぼくの場合、「まじめに更新する」とは、持っている力の70%から80%くらいを出すということを意味します。

 100%じゃないのかよ、といわれるかもしれませんが、100%を出すと疲れ切ってしまって続けて更新することができないのですね。

 この場合の100%とは、万全なコンセプトでもって記事を構想し、完全な集中力で執筆し、何回も何回も執拗に読み返して文章を推敲するということを意味します。

 そんなこと、普段からやっていられません。

 もしいつも100%の力を出していたら、1日に1本記事を書くのもむずかしいでしょう。

 だから、70%とか80%に力をセーブして書くわけです。

 これはべつに「おれはまだ本気出していないだけ」というわけではありません。

 100%出した記事とそうでない記事の違いは、おそらくそれほど大きくないのです。

 ただきわめて細かいところで精度が上がるだけ。

 文章フェチの人以外は気づかないかもしれないくらいの小さな違いしか生まれないでしょう。

 それでも、こういう手なりで書いている文章とは迫力が違ってくるだろうとは思いますが、まあ、大差がないともいえる。

 それでは、70%なり80%で書くとはどういうことなのか。

 これはほぼ「推敲をやめる」ということに等しいです。文章にこだわらない、ということですね。

 ほんとうは細かく細かく推敲していったほうが綺麗な文章を書けるのだけれど、そこは捨てる。

 捨てないと文章技巧にフェティッシュにこだわるばかりの文体ができあがったりする。

 まあ、それはそれである種の人たちには魅力があるのかもしれないけれど、大半の人はそんなところで力を使い果たすことを求めないでしょう。

 だから、 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

userPhoto
海燕
×
 ごめん。間違えた。ひとり退会者いたわ。いや、それでも少ないのですけれどねー。
42ヶ月前
×
会員数どれくらいなんでしょうね
500〜1000人くらいかな
42ヶ月前
userPhoto
海燕
×
 ないしょですが、まあ、そのくらいだと思ってもらっていいかと。
42ヶ月前
×
海燕さんはやろうと思えば、これだけ更新出来るだけの実力を持っているのに、二、三ヶ月前はどうしてあんなだったのか不思議です。
42ヶ月前
userPhoto
海燕
×
 まあ、ひとことでいうと状況に絶望していたからですね。100万PV近いアクセスがあり、なおかつ会員が数百人増えた月もあったわけです。その頃の記憶があると、なかなか少しずつ増やしていこうという気にはなれなかった。撤退戦は辛い。結局、それしかないのだと覚悟しましたけれどね……。
42ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。