• このエントリーをはてなブックマークに追加
才能のない書き手のための創作理論を試してみよう!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

才能のない書き手のための創作理論を試してみよう!

2016-11-09 20:37
     ほんとうはここには先に予告したように「無痛文明論」の記事を載せる予定だったのですが、いつまで経っても書きあがらないので、いま考えていることをそのまま書くことにします。

     題して、「どうすれば才能のない人間が物語を作ることができるか」。

     ぼくは過去25年くらい面白い小説を書きたいなあと思っているのですが、どうにも才能に恵まれていないため一向に実現していません。そこで、どうすれば面白い小説が書けるのか、なるべく理論的に考えてみることにしました。

     で、まずは参考のため、Amazonで評判のいいシナリオ論やキャラクター論の本を何冊か読んでみて、そこに書かれていることを実践しようと考えました。

     まあ、参考書を読んだらすぐに実現できるようなら話は簡単なのですが、じっさいにはそうはいかないことは皆さんご存知かと思います。

     世の中には「あなたにも『マルドゥック・スクランブル』が書ける!」などとと
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。