• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

マッチョなセクシュアリティの陥穽。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

マッチョなセクシュアリティの陥穽。

2018-04-16 10:32
     Netflixでドキュメンタリー動画を見るのが読書と並ぶ最近の趣味なのですが、昨日、『フリーセックス -真の自由とは?-』という作品を見ました。

     現代は「LIBERATED」で、春休みにビーチへ出かけてセックスを求めるアメリカの若者たちを描いた内容となっています。

     この動画を見ると、アメリカには非常にマッチョな文化と同調圧力があるのだなあ、ということがわかる気がします。

     もちろん、ここにアメリカのすべてが描かれているはずはないのですが、それにしても、この作品で描写されているマッチョな価値観の若者たちの姿は衝撃的です。

     「酒とセックスがすべて」。「女はみな本当は服を脱ぎたがっている」。そのような意味のことを平然と口にし、セクハラに走りつづける青年たちの姿、そしてそのような若者たちに疑問を感じながらも結局は受け入れてしまう少女たちの姿は、見ていてため息をつきたくなるようなものがありま
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。