• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

電子書籍『小説家になろうの風景』第五章。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

電子書籍『小説家になろうの風景』第五章。

2020-10-19 22:03
     まだ書き終わっていない第四章を飛ばして第五章を掲載します。以前に書いた通り、この賞はこのあいだ上げた「なろう小説への批判は成立するのか? 夏目漱石と「信長の料理人」で考える。」のリライトです。

     とはいえ、文章はすべて書き直されて、三割くらい分量が増えています。前の記事を読まれた方も、無理にとはいいませんが、比較するために読んでいただけると嬉しかったりします。

    e524b60edb751da0823a3f8a66911293b770fe73

     第五章「なろう小説と従来のライトノベル」

     この第五章と、続く第六章では、「なろう小説」に寄せられた批判的意見を取り上げて検証していくことにしたい。

     きわめて特異な内容をもつ「なろう小説」には、当然ながらさまざまな批判が寄せられた。そのなかにはもっともだと感じるものもあるが、不当な蔑視、ないし軽視だと思えるものも少なくない。

     こういった意見は時代が変わるとき、いつも出て来るものではある。だが、それにしても「なろう小説」
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。