• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

電子書籍『小説家になろうの風景』第七章。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

電子書籍『小説家になろうの風景』第七章。

2020-10-24 23:22
     電子書籍第七章、書き終わりました。ひとまず全文が仕上がったわけですが、やはりちょっと物足りないような。でも、もうこれで本にしちゃおうかな。悩むところ。

    8dd45fe526489552129eb3c98caa7151f8daca09

     第七章「なろう小説は政治的に正しいか」

     前二章ではなろう小説に対する批判の代表的なものを引用し見ていったわけだが、一方でより見過ごせない批判も存在する。たとえば、「なろう小説は差別的だ」という意見である。

     じっさい、「なろう小説」には人を惨殺して喜ぶような暴力的な小説や、女性を奴隷にしたりする暴力的な作品が一定数含まれている。そのような批判はこの事実を衝く。そういった暴力的、差別的な「なろう小説」はしょせん非倫理的なシロモノであり、PC(ポリティカル・コレクトネス、あるいは「政治的な正しさ」)に見合わない時代遅れの精神の産物だというのだ。

     これは無視できない意見である。何といっても、「なろう」にそのような作品があふれていること
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。