• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

『天使』と『小鳥たち』を併せて読む贅沢。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『天使』と『小鳥たち』を併せて読む贅沢。

2020-12-13 17:34
     いま、緩やかに読み進めている『リテラリー・ゴシック・イン・ジャパン』に収録されていた「就眠儀式」が途方もなく素晴らしい吸血鬼ものの掌編であったので、須永朝彦の傑作選『天使』を手に取ってみることにしました。

    q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=433

     二十編の掌編が収録された一冊で、いずれも美貌の吸血鬼や天使といったモティーフをもちいたいわゆる「耽美」な幻想文学なのですが、その完成度は異常に高い。

     たった一冊の本が、どのようにしてその美の達成によって猥雑な現実世界と拮抗するのか、典型を見せられている想いがします。

     もし一手を誤れば他愛ない冗談に堕ちかねない耽美と闇黒の世界を、本当にこの上なくうつくしい言葉で綿々と描き出しているのです。

     いわゆるショートショートとは異なり、別段、物語として何が面白いというものでもないのですが、その昏い美の趣きの深さはくり返し読み返すに値すると感じました。三島由紀夫や中井英夫の跡を追う作家の一
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。