• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

エロティシズムは「禁止」されてこそ輝く!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

エロティシズムは「禁止」されてこそ輝く!

2020-12-28 22:58
    q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=448

     バタイユの『エロティシズム』を読んでいるので、それに関連した本をリストアップして集めています。こんな感じ。

    ・代々木忠、二村ヒトシ
    ・サド
    ・マゾッホ
    ・澁澤龍彦
    ・三島由紀夫
    ・江戸川乱歩
    ・歌舞伎
    ・ハンス・ベルメールと球体関節人形
    ・クリムトと「頽廃芸術」
    ・オスカー・ワイルドと『サロメ』
    ・エロティックアート
    ・ポルノグラフィ
    ・詩歌
    ・フェミニズム
    ・『どうすれば愛しあえるの』
    ・『感じない男』
    ・『性のタブーのない日本』
    ・『性と文化の源氏物語』
    ・『官能教育』
    ・『エロティック美術の読み方』
    ・『セックス依存症』
    ・『吉原と日本人のセックス四〇〇年史』
    ・『性依存者のリアル』
    ・『孤独とセックス』
    ・『恋愛依存症』
    ・『エロティシズム』
    ・『ソドムの百二十冊』
    ・『文学と悪』
    ・『血と薔薇』
    ・『エロティック・ジャポン』
    ・『源氏物語』
    ・『美学文芸誌エステティーク』
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。