• このエントリーをはてなブックマークに追加
シンデレラたちの十二時。最高の作品に「最高のその先」を求めたい気持ち。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

シンデレラたちの十二時。最高の作品に「最高のその先」を求めたい気持ち。

2015-04-11 01:53
    TVアニメ アイドルマスター シンデレラガールズ G4U!パック VOL.1(同梱特典①ソーシャルゲーム「アイドルマスター シンデレラガールズ」の限定アイドル「[G4U!]島村卯月+」(描き下ろし!)シリアルナンバー②THE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!!2015 Day2:346プロダクションスペシャルシートチケット購入申込(抽選)シリアルナンバー③『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS SUMMER FESTIV@L 2015』チケット購入申込(抽選)シリアルナンバー&【Amazon.co.jp限定】PC壁紙(2015年4月22日注文分まで)付)

     いやー、『アイドルマスターシンデレラガールズ』の最終回、最高でしたね!

     特に変わったことをやっているわけではないんだけれど、演出力が凄すぎる。

     ある意味、アニメーションとして王道のところで魅せている作品であるといえるでしょう。

     トラブルを起こしてそれを乗り越えていくという基本に忠実なシナリオが、至上の演出力によってひとつの「奇跡」という印象を生むとき、いままでにない興奮と感動がひろがります。

     ただ、ぼくはアイドルのライブにまったくシンクロニティがない人なので、ちょっと「会場」のファンのノリについて行けないものを感じてしまったけれど……。

     いやまあ、それはどうでもいいのだ。とにかく良い作品だったのだ。

     ぼくはほかのアニメはどうしても見る前に気力を高める必要があるんだけれど、これだけは実に楽に見れました。

     作品世界へ入っていくために特段の気力を必要としない。視聴者が楽をするためには制作スタッフは苦労するわけで、そこにはきっと素晴らしい努力があったのでしょう。

     心の底から「ありがとうございました」といいたい気分です。

     でも、これで終わりじゃないんだよなあ。シンデレラたちのセカンドシーズンはどうなるのやら、いまから楽しみです。

     分割2クールもすっかり定着したなあ。

     それにしても、この作品を見ていると、エンターテインメントがどうあるべきかについて考えさせられます。

     エンターテインメントとして「良い作品」とは何なのか、ということに正しい答えはなく、それぞれのクリエイターがその作品を通して考えていかなければならないことではあるんだけれど、『デレマス』はその問いに対し、ある種優等生的なアンサーを示しているように思える。

     ファンが求めているものを、ファンが想像する以上のクオリティで提供する。

     いうまでもなく簡単なことではありえないのですが、その理想をここまで美しい形で体現されてしまうと、ちょっと文句のつけようがない。

     もちろん、細かく見て行くと完璧ではないところはいくらもあるのでしょうが、骨太なシナリオがすべてを救っています。

     元々がソーシャルゲームだというのに、ここまでの品質でアニメ化するとは――ちょっとぐうの音も出ないですね。ぐ……で、出ない。

     ほかの作品とくらべてそこまで圧倒的なリソースを使っているわけでもないだろうに、ここまでの作品が仕上がるんだものなあ。さすがです。

     とはいえ、それでもなおあえていうなら優等生の方法論には若干の物足りなさがただようこともたしかで、ぼくなどはそこをもう一歩踏み込んでくれないかな、という気持ちも正直あります。

     いや、それをいうのは贅沢だということはよくわかっているんですけれどね。

     自分がそんなこといわれたらいやだもの。

     よく「ファンの期待には応えて予想は裏切る」といいますが、それができている限りはファンと作品の幸福な「蜜月」は続いていくのでしょう。

     ただ、ほんとうに「蜜月」をいつまでも続けていくことが唯一の「解」なのかといえば、ぼくはそんなことはないと思います。

     結局のところ、 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。