• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

あなたがハマっている趣味の面白さを教えてください!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

あなたがハマっている趣味の面白さを教えてください!

2015-05-28 12:28
  • 9
Splatoon(スプラトゥーン)

 ふたつ前の記事でふれたPhaさんの新刊『持たない幸福論』を読み終わった。

 くわしい感想はのちほど書くとして、個人的に参考になったのが「お金をかけずに時間をつぶす方法」のところ。

 ほぼ、ぼくと同じ結論なので、やっぱりそうだよなあとひとりうなずいた。

 たとえば、将棋。

 ぼくはまったく将棋をたしなまない人なのだが、一定の興味はあって、いつか覚えてみたいなあと思っている。

 もっとも、もう30年近くそう考えているので、このまま一生、覚えずに終わるかもしれないが、とにかくローコストで楽しく過ごすために将棋(や囲碁やチェス)はとてもいい方法だと思うのである。

 ほかには、競馬とかサッカーとかアイドルなどが思い浮かぶ。

 いずれもハマったら奥深そうで、それなりに資金もかかりそうだが、テレビやネットで観ている分にはほとんどお金はかからない趣味である。

 これだけではインドアに偏りすぎているので、フットサルとかハイキングとか山登りを付け加えてもいいだろう。

 いまの世の中、ほとんどお金がかからない娯楽があふれていて、ぼくのような貧乏人でも、趣味でお金を使いすぎることは心配しなくていい。

 娯楽を供給する側から見れば大変かもしれないが、消費する側としては実にいい時代だ。極楽極楽。

 しかし、いくら口先でそういっていも、じっさいには新しい趣味を始めることはわりに大変である。

 ぼくが「将棋を覚えたいなあ」と考えてから30年間、ほぼなんの行動も起こしていないことからもそのことはわかる。

 どんな趣味でも始めようと思ったらそれなりのハードルを乗り越えないといけないわけだ。

 そのとき、最も良いのは既にその趣味に習熟しているだれかから手ほどきしてもらうことだろう。

 たとえば、将棋を始めるときにも、ある程度くわしい人から教えてもらうと、入門のハードルがかなり下がると思う。

 また、その趣味にくわしい人にしても、自分と同じ興味を持つ人が増えることは嬉しいから、嬉々として教えてくれたりするものだ。

 こうして需要と供給がマッチすれば、教える側も教わる側も幸福になる――理屈では、そうなるはず。

 ところが、これが必ずしも上手くいかないんだよなあ。

 自分が好きなものの魅力を、それについてくわしくしらない人に教えることは、案外むずかしいものだ。

 『3月のライオン』に主人公がしりあいの女の子に将棋の面白さを教えようとして失敗するエピソードがあったが、どのジャンルでもそういうことはしばしばくり返されているのだと思う。

 これがねえ、どうにかならないものかといつも思うんだよね。

 趣味を媒介にした教導関係がうまくいかないのは、教える側が「なぜか偉そう」とか、「初心者の気持ちがまったくわかっていない」とか、「いきなりマニアックなところから教えてしまう」とかだったりするあたりに主な問題点があると思うのだが、これらを解決するノウハウを蓄積することはできないのだろうかと思うわけなのですよ。

 たとえば、将棋初心者が気楽に入門できて、その奥深さの一端をしるところまでサポートしてくれるサイトがあるととても嬉しい。

 いや、わかっている、もちろんそういうサイトはたくさんあるだろう。

 また、入門書などもたくさん出ていることと思う。

 しかし、その最も丁寧なものすら、初心者以前のぼくから見ると敷居が高い。

 さすがにコマの動かし方を覚えるくらいまでは行くんだけれど、そこから先へ進むことがどうにもできず、挑戦と挫折をくり返してしまうわけなのだ。

 べつだん、将棋に限らない、たとえばアイドル歌手なんかも興味はあるのだけれど手を出しづらいジャンルだ。

 お前が軟弱すぎるだけじゃないかといわれればその通りだけれど、ぼくのような人種はどのジャンルでも大量にいると思うのである。

 そういう「新人」をどうやってその趣味に招き入れるかによって業界自体の栄枯盛衰が決まってくると思うのだけれどどうだろう。

 ぼくとしては「一見してわかりやすいもの」だけに人々の興味が集まるのは面白くない、「わかりづらいけれどなれると超面白いもの」も広まっていってほしいと思うから、わりと切実な話なのである。どうしたものやら。

 というわけで、何かぼくに新しい趣味を教えてやろうという方がいらっしゃいましたらコメント欄やTwitterに書き込んでください(笑)。

 たとえば、野球観戦の面白さについて教えてくださると、ぼくとしては興味津々、聞き入ることと思います。

 野球の面白さはまったくわからないわけではありませんが(野球漫画たくさん読んでいるし)、どこを注目して見ると面白いのかはいまひとつよくわかっていないんですよね……。

 もちろん、野球やサッカーではなく、フィギュアスケートでも、BL小説でも、YouTubeでも、競艇でも、陶芸でも、パン作りでもかまいません。あなたがハマっている趣味についてぼくに教えてほしいのです。

 まあ、コメント欄でのやり取りには限界がありますから、さらにくわしいことはFacebookなりLINEあたりで教えていただけると助かりますが……。

 「教わる」ことを通じて、その趣味で初心者がどう挫折するのかあきらかにできたらなあ、などと考えています。

 あと、『スプラトゥーン』をプレイする予定の(あるいは、既にプレイしている)人がいたら教えてください。ぜひいっしょに遊びましょう。

 いや、ぼくはこれから買う予定なんですけれどね。

 人生は楽しみに満ちているなあ。ひきこもり生活も退屈する心配はないようです。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
スプラトゥーン、見ててすごく面白そうです。もしハードを持ってたら絶対に買いますね、あれは。
あれだけ「一見してわかりやすいもの」を作る任天堂は、やはり素晴らしいメーカーですね。

野球観戦は最近ほとんどしてないのであんまり語れませんが、マニアックかつ自分がそこそこ語れそうなのだと「格闘ゲーム観戦」とか「競技タイピング」あたりですかねぇ。
54ヶ月前
×
あ、もし上記の2テーマに関心があれば、LINEあたりででも喜んでお話ししますので、またコメントください。
54ヶ月前
×
『あなたがハマっている趣味の面白さを教えてください!』これ、よくよくわかります。
布教されるのって嬉しいです。物語三昧ラジオを聞く楽しみの一つにも、こんな感じの良さがあります。

来月に、「ビブリオゲーム」といえばいいのか、ビブリオバトルのゲーム版のイベントをやります。
そして、このイベントを企画した理由として『あなたがハマっている趣味の面白さを教えてください!』って思想が源流にあるのは確かです。
結果はどうなるかわからないですが、面白くなったらいいなぁと思っています。
54ヶ月前
userPhoto
海燕
×
>「格闘ゲーム観戦」とか「競技タイピング」

 いいですね! 面白そう。ぜひ、教えていただきたいと思います。特に「競技タイピング」については初めて聞きました。ちょっと前に『タイピスト!』という映画がありましたが……。興味しんしんです。

>「ビブリオゲーム」

 ふむふむ、それは普通のビブリオバトルとどう違うのでしょう?

 ひとが自分の趣味について暑く語ってくれるのを聞くのは楽しいものです。まあ、あまりにもひとりよがりだとそうも行かないでしょうが、熱意と丁寧さのバランスがむずかしいところですね。
54ヶ月前
×
プラモデルを作るってのはどうでしょう?今はバンダイから安価で出来がいいのがでているのでオススメです。
色を塗らなくても色分けされています。1/144のHG(ハイグレード)と1/100MG(マスターグレード)がありますが
最初は部品の数も少なくてコンパクトなHGがオススメです。初代ガンダムとかザクなんかいいですよ。
ものをつくるのはおもしろいです。
54ヶ月前
×
書き忘れがあったので補足を。今のバンダイのプラモデルは必要な道具はニッパーひとつなのでお手軽です。接着剤もいりません。(ただし昔のプラモデルは接着剤が必要です。またタミヤなどの戦車などのものは道具が必要かもしれません)
54ヶ月前
userPhoto
海燕
×
 たしかに惹かれますが、ぼくは致命的に不器用なんですよねえ。それでも完成するものでしょうか? あるいはいままで挑戦したことがないジャンルだからこそ手を伸ばすべきかもしれませんが。
54ヶ月前
×
プラモデルの話ですが、手先があまり器用でないならいきなりHG(ハイグレード)は難しいかもしれません。
なら、更に簡単なFG(ファーストグレード)というのがあります。おそらくこれなら作れると思います。
アマゾンだと少し高かったりするので(元は315~525円くらいです)近くに模型屋さんやおもちゃ屋などの
ホビーショップがあるなら覗いてみるのもいいと思います。どんなプラモデルが出てるか眺めるだけでも楽しいですよ。

54ヶ月前
×
53ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。