• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

三沢光晴への決別の書……馬場元子『ネェネェ馬場さん』/Dropkick読書会
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

三沢光晴への決別の書……馬場元子『ネェネェ馬場さん』/Dropkick読書会

2018-07-13 09:47
  • 2
553684ac4dd9e82a68b8656d2c40b904491471cd
Dropkickのプロレス格闘技本読書会!!  今回取り上げる本は馬場元子
『ネェネェ馬場さんです。この記事はDropkickニコ生配信で語られた『プライド』の感想を再編集・加筆したものです(語り・ジャン斉藤)



今回取り上げる本は、先日お亡くなりになった馬場元子さんの「ネェネェ馬場さん」です。感想からいうと、あまり面白くないというか(笑)、最後まで読むと後味の悪さを感じてしまうんですよ。

「ネェネェ馬場さん」はジャイアント馬場さんが亡くなってから1年ちょっと経ったあとに出版されたもので、全日本とNOAHに分裂する前の本なんですが、馬場さんのことしかしゃべっていない。「ネェネェ馬場さん」というタイトルどおりなんですけど(笑)。ボクらが本当に知りたい馬場さんのとっておきのエピソードなんかはほとんど出てこないんです。馬場さんとの出会いから恋愛、死別までを元子さんの視点で書いていて、それはたしかに貴重ではあるんですが、かゆいところに手が届かない感じが……。

たとえば、他のプロレスラーの話はまったくいっていいほど出てこない。名前は出るんですが、その選手のエピソードが明かされるわけでもなく、やっぱり「ネェネェ馬場さん」というタイトルどおりで(笑)。この本は268ページもあるんですが、宿命のライバルだったアントニオ猪木さんの名前は一度も出てこない。これって凄くないですか? 馬場さんと猪木さんとのあいだにはいろいろあったわけですし、知りたいのは2人の関係じゃないですか。じつは馬場さんは猪木さんに対してこういう感情を持っていた、こんなことを言っていた……とか。

これは猪木さんだけじゃないですよね。ジャンボ鶴田に対しても、天龍源一郎に対しても同じです。元子さんから見た馬場さんの話しか書いてなくて、他者との関わりに触れてないから薄く感じてしまうんです。 元子さんはジャイアント馬場や全日本プロレスのことを一番知ってるはずなのに。いや、知りすぎていることで逆に言えないことがあるのはわかるんですが、それにしても……という内容で。

あっ、天龍さんに対しては悪口を言ってるんですね。 SWSのときに金で裏切ったとか。ちなみに元子さんと懇意にしていたと主張するターザン山本さんの名前も出てきません(笑)。

かつて馬場さんは「みんなが格闘技に走るので、私、プロレスを独占させていただきます」と言いましたが、元子さんは「私、馬場さんを独占します」という内容なんですよ。本の中でさえも馬場さんのことを独占して他者と関わらさせない。それが過剰すぎて、とても広報業務を担っていたとは思えない言動が多いんです。

体のことに関して興味本位的に扱われるようなものは、私はいっさい受けつけたくなかった。取材ではなく、道を歩いてすれ違いざまに「うわあ、でっけえ」などと不躾に言う人もあったが、そういうときも私はピシッと言い返した。
「ジャイアント馬場が小さけりゃ、ジャイアント馬場じゃないっ!」
                        『
ネェネェ馬場さん』より

一般人にこんなことを言い放ちますかか、普通?(笑)。馬場さんの気持ちを慮るというより、「馬場さんのことをわかってるのは私だけ」という感情のあまり攻撃的になっている。こんな性格だからスタッフたちともケンカしまくるんですけど、いまから紹介するエピソードもおかしいんです。



この続きと、マサ斎藤、マシン引退、天心vsロッタン、北原光騎、WWEvs新日本……などの記事がまとめて読める「11万字・記事19本の詰め合わせセット」はコチラ  http://ch.nicovideo.jp/article/ar1639388

この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!



 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
元子が死んでからネチネチ言われてもなあ。
24ヶ月前
×
誤字が多すぎる、ひどいよ
6ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。