• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

コーミエ・レスナーのアングルは是か非か 「やらせだ、フェイクだと言っているヤツらは、一生貧乏してろ(コーミエ)」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

コーミエ・レスナーのアングルは是か非か 「やらせだ、フェイクだと言っているヤツらは、一生貧乏してろ(コーミエ)」

2018-07-13 10:33
    Omasuki Fightの北米MMA抄訳コラム「MMA Unleashed」――今回のテーマは「コーミエ・レスナーのアングルは是か非か」です!



    <1記事から購入できるMMA Unleashedオススメコラム>

    ・ベストバウトは新日本が独占? アメリカメディア2017年ニュースオブザイヤー




    コーミエ 「お前ら、DC様の話を聞け。昔から腐れ縁の男がいる。ヤツはオールアメリカンのレスラーで、元UFCチャンピオンでもある。この男と戦うことになるとは思わなかった。ブロック・レスナー、上がってこいや!」

    (オクタゴンに登場したレスナー、いきなりコーミエを突き飛ばす)

    コーミエ 「今のうちにもっと突き飛ばしてみろや。あとでおねんねするのはお前だ!」

    レスナー 「はっきり言ってやろう。オレは今日、ヘビー級の醜態を見た。ガヌーはクソ野郎、ミオシッチもクソ野郎だ。DC、やってやろうじゃないか、マザーフXXカー!」

    (レスナー、マイクをカメラに投げつける)


    日本時間7月8日(日)に開催されたUFC 226では、スティペ・ミオシッチを下して、ライトヘビー級、ヘビー級の2冠王者となったダニエル・コーミエが、試合後にブロック・レスナーを呼び込んで、上記のようなアングルが打たれたのであった。

    日本でもRENAと浅倉のアングルで喧喧諤々の議論が沸き立ったように、コーミエとレスナーのアングルにも米MMA記者やUFCファイターの間で賛否両論が渦巻いた。どんな論点が見られたのかをまとめてみよう。


    『せっかくのコーミエの輝かしい瞬間が、プロレスまがいの大騒ぎで台無しになった』問題

    ファイターの中には、TwitterでWWE流の茶番劇を批判する者がいた。

    カーティス・ブレイズ
    もう手練手管はたくさんだ。最初はCMパンク、今度はブロック・レスナー。これはまだ格闘技なのか。オレはマーシャル・アーティストとして成長し、どんどん強くなっていく。カジュアルファンを引っ張ってくるために、あんなWWE流のブルシットに頼るつもりはオレにはない。

    ショーン・オコネル
    何たる茶番。せっかくの舞台も台無しだ。

    アルジャメイン・スターリング
    まるで2018年のレッスルマニアの宣伝だ。しかもステロイド入り。今のMMAは一体どうなってしまったんだ。みんなも、我々がオクタゴンで真剣勝負をしていることを忘れてしまうのではないのか。試合にシナリオはないんだぞ!

    ジミ・マヌワ
    まるまるWWE。

    記者の中にも批判派は存在する。

    デイモン・マーティン記者
    私がいつも、正気を失わないでMMAを見るには、「資格」という言葉をボキャブラリーから取り除きなさいと説明している。そう、ブロック・レスナーにはタイトルショットの「資格」はないが、彼はタイトルに挑戦し、コーミエとともに大金を稼ぐことになる。

    ESPNのジェフ・ワーゲンハイム記者は、次のような論説を発表し、物議をかもした。


    この続きと、マサ斎藤、マシン引退、天心vsロッタン、北原光騎、WWEvs新日本……などの記事がまとめて読める「11万字・記事19本の詰め合わせセット」はコチラ http://ch.nicovideo.jp/article/ar1639388

    この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!


     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。