• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「ゴールはもっともっと先にある」(byケニー・オメガ)……『イッテンヨンドキュメンタリー』でイッテンヨンを振り返る
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「ゴールはもっともっと先にある」(byケニー・オメガ)……『イッテンヨンドキュメンタリー』でイッテンヨンを振り返る

2019-02-10 19:01
  • 1
『新日本プロレスワールド』で公開された1月4日の東京ドーム大会ドキュメンタリー。10台のカメラが捉えていたものは……(文/漁師JJ)



『新日本プロレスワールド』のオリジナルドキュメンタリー『オリジナル NJPW Documentary イッテンヨンドキュメンタリー』が2月4日に公開された。10台のディレクターカメラが追う3日間の1月4日。文字面で伝えるとおかしな感じだが、イッテンヨンを中心に3日のスタジオコースト「大プロレス祭り2019」、1月5日「NEW YEAR DASH!!」も追いかけた前編は27分31秒。後編は25分6秒の前後編だ。

ドームの売店周りで新日本プロレスのスタッフ章を付けたスタッフたちが、カメラを回してお客さんにインタビューしていたが、この作品の撮影だったというわけだ。

かつて2010年から毎年のようにG1とイッテンヨンを3D映画として上映していたけれど、会場入りから試合を終えた選手のインタビュー、観客の声を集めまとめたりと、全体的にはあのテイスト。もっとも違うのは映画は試合内容も込みで編集していたものの、『新日本プロレスワールド』は生中継で公開済み。鷹木信悟、ケニー・オメガ、ジェイ・ホワイト、棚橋弘至ら数名の選手にスポットは当たるものの、インタビューは移動中の立ち話、試合は『ワールドプロレスリング』の映像を使わず観客目線で後方からの視点と、リング外の部分に視野を広げているのが印象的。<続きは会員ページへ!>

いま入会すれば読める2月度更新記事

UWF系プロレスラーが語る「エキシビジョンマッチ」/虐待から救ってくれた一筋の光、それは大日本プロレス/OMASUKI FIGHT「2018年の北米MMAで最も印象に残った出来事」/【新生FMW崩壊編】リッキー・フジ/ムエタイ現役王者続々来襲!! 3・10新生K-1&RISE……ほか
 
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になれば入会月以降の記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
Dropkick
更新頻度: ほぼ毎日
最終更新日:2019-02-22 13:07
チャンネル月額: ¥540 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

×
ようやく、新日本ワールドも、WWE ネットワークみたいなりましたね❗ただ、相変わらずもの足りないけどね❗
1週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。