• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

ドーピングはデッドボールと同じで違法ではない? 煽りビデオと酒鬼薔薇事件の類似点とは? 米MMA訴訟最新事情
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ドーピングはデッドボールと同じで違法ではない? 煽りビデオと酒鬼薔薇事件の類似点とは? 米MMA訴訟最新事情

2019-02-22 12:43
    Omasuki Fightの北米MMA抄訳コラム「MMA Unleashed」――今回のテーマは「ドーピングはデッドボールと同じで違法ではない? 煽りビデオと酒鬼薔薇事件の類似点とは? 米MMA訴訟最新事情」です!



    <1記事から購入できるMMA Unleashedオススメコラム>

    ヌルマゴメドフ・マクレガー乱闘劇のその後:記録破りのPPV売上240万件達成!

    ・コーミエ・レスナーのアングルは是か非か 「フェイクだと言っているヤツらは、一生貧乏してろ」

    ・史上最強アマンダ・ヌネス、伴侶ニーナ・アンザロフと歩む道なき道

    ・カネと名声に溺れて、コナー・マクレガーはダメになってしまったのか


    『UFC200』(2016年7月9日)のセミメインイベントでは、ブロック・レスナー対マーク・ハントの一戦が行われ、レスナーがユナニマス判定勝ちを収めた。しかし試合後にレスナーの薬物検査失格が発表され、試合結果はノーコンテストに変更された。

    ハントは、ドーピングをしている選手と戦うことに同意した覚えはない、したがってUFCがレスナーの薬物使用を知りながら自分との試合を組んだことは恐喝、詐欺、暴行、共謀に当たるとして、同年、UFC、デイナ・ホワイト、ブロック・レスナーを相手取って訴訟を起こしたのであった。ハントは、ドーピングをしている選手と戦うことで、肉体的、経済的損失を負ったと主張している。

    この裁判のポイントは、ホワイトとUFCがレスナーの薬物使用を知りながら、ハントとの試合をブッキングしたかどうか、という点にあるのだが、残念ながらハントはこの点については証拠を示すことができなかった。

    そこでハントは2017年7月、レスナーが試合1ヵ月前にようやくUSADAのUFC薬物検査プログラムに参加したことを問題視する戦術に切り替えた。USADAのUFCプログラムの規定では、引退した選手が復帰する場合、試合前4ヵ月間にわたって薬物検査プログラムに参加しなければならないことになっている(このルールは現在では6ヵ月間に変更されている)。これは、薬物検査を回避する目的で、選手が引退と復帰を繰り返すことを防止すべく設けられているルールだ。

    この続きと、ケニー・オメガとAEW、リッキー・フジ、ONE、クロン、全女末期…などの記事がまとめて読める「12万字・記事22本の詰め合わせセット」はコチラ 

    https://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1735789

    この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。