• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

UFCミネアポリス大会レビュー:ガヌーは進化したのか、そしてベナビデスはタイトルに挑戦できるのか
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

UFCミネアポリス大会レビュー:ガヌーは進化したのか、そしてベナビデスはタイトルに挑戦できるのか

2019-07-05 20:47
    Omasuki Fightの北米MMA抄訳コラム「MMA Unleashed」――今回のテーマはUFCミネアポリス大会レビュー:ガヌーは進化したのか、そしてベナビデスはタイトルに挑戦できるのかです!!


    【1記事から購入できるバックナンバー】

    ・ネット荒らし、そして壊れるメンタル…あまりにも現代的な悲しきモンスター、ラーズ・サリバン

    ・新日本プロレスデビュー記念、ジョン・モクスリーがWWE離脱理由を激白


    日本時間6月30日(日)に開催されたUFCファイトナイト・ミネアポリスでは、フランシス・ガヌー旋風がまたしても猛威を振るった。

    前々回はカーティス・ブレイズを45秒で、前回はケイン・ベラスケスを26秒でノックアウトしたガヌーは、今回は実力者ジュニオール・ドス・サントスと対戦、第1ラウンド1分11秒、オーバーライトハンドをかわされたドス・サントスの横面をガヌーが張り倒すと、もはやドス・サントスは立ち上がることができなかったのである。

    ガヌーのパンチはクリーンヒットする必要すらないようだ。荒々しく不格好なパンチがかすっただけで、相手は致命的なダメージを負ってしまう。試合後のドス・サントスは、「この階級では誰もが危険だが、フランシスはちょっと独特だ。とにかくパワーが別格だった」と次のように敗戦を振り返っている。

    「ゲームプランに即して、もっと注意深く戦うべきだった。調子は良かったし、パンチもキックも当たっていた。ただ、自分はなぜあの時、オーバーハンドライトを出してしまったのだろうか……戦略通りにストレートやジャブでいくべきだった。ただ、チャンスがあると思えたものだから、つい欲が出てしまった」

    「ある意味、勝利を彼に譲ってしまった。オーバーハンドライトであんなに相手に近づいて、反撃のチャンスを与えてしまうなんて・・・それが彼のやり方だということは知っていたのに……。彼は、相手がパンチを空振りするのを待っているんだ。大きなミスだった。私はデリック・ルイス戦でも同じミスを犯したが、あの時は何とかやりすごせた。しかし今回はどうにもならなかった」

    これほどまでに暴力的な秒殺劇をいとも簡単にやってのけるのはガヌーしかいないだろう。ただ、ガヌーにとって初めてのタイトル挑戦となったミオシッチ戦敗戦以降、彼が本当にファイターとして進化を遂げたのかどうかについては、こうした短い試合からハッキリとした答えを導き出すことは難しい。

    この続きと、ミルコの軌跡、中井りん、和術慧舟會、ウルティモ、スミス新日離脱などの記事がまとめて読める「13万字・記事23本の詰め合わせセット」はコチラ 


    この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック! 
    1記事80円から購入できます!
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。