• このエントリーをはてなブックマークに追加
天心vs皇治、武尊vsレオナは連鎖する!■鈴木秀明
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

天心vs皇治、武尊vsレオナは連鎖する!■鈴木秀明

2020-09-02 11:10
    85aa11923c73c1c7a4417f56a4fbe07848b36103
    現役時代は「ムエタイキラー」として名を馳せ、「キックぼんやり層」にその面白さを解説してくる鈴木秀明氏。今回のテーマは那須川天心vs皇治を解説します!(ニコ生配信されたものを編集した記事になります) 




    ――
    鈴木さん、RIZINで那須川天心vs皇治のキックルールが決定しました。

    鈴木 いきなりやるんだなあと驚きました。皇治選手はRIZIN初参戦なので、誰かとワンクッション挟むのかなあと思ったんですけど、このほうが見るほうとして面白いですよね。ワンクッションを挟んだときに誰かに苦戦したり、負けたことを考えると……。

    ――
    皇治選手はK-1のスターとしてすでに知名度がありますし、あらためてプロモーションをする必要はないことからの即、天心戦なんでしょうね。

    鈴木
     やっぱり実現するタイミングってありますからね。 どちらかがケガをするかもしれないし、天心選手に試合のスケジュールもありますし、なによりファンが望んだ試合ではありますからね。

    ――
    今回の試合は注目カードではあるんですけど、那須川選手が普通に勝つだろうという予想がほとんどなんですね。

    鈴木
     たしかに下馬評では天心選手ですね。技術的なことをいうと、皇治選手はサウスポーを苦手にしてると思うんですよね。

    ――
    皇治選手本人もそう言ってますね。

    鈴木
     ああ、言ってました?  皇治選手の得意のパターンは天心選手に対しては相当厳しい。やりづらいと思うんです。皇治選手は基本的には待ち型で、待ってガードを固めながら相手の隙に合わせるのがもの凄くうまい。相手の右フックに対して合わせるクロスのようなカウンター、左フック、 ショートの右ストレート、右のハイキック……こうやって受けながら返していく技がうまいんですよ。ただ、これはすべてサウスポーには当たりづらい。たとえば相手がサウスポーだと、ジャブにカウンターを合わせるのは相当難しいんですね。 

    ――
    皇治選手はこれまでサウスポー相手とはどんな試合をしてきたんですか?

    鈴木
     K-1でサウスポーの大雅選手とやったときは、大雅選手が避けるのがうまいので逃げる方向に打つというか、右のショートやストレートを斜め横に打つ感じでした。でも、大雅選手はその打撃を見切ってましたね。

    ――
    那須川選手のスピードからすれば、当然見切りそうですね……。

    鈴木
     正直、当たらないんじゃないかなと思うんですけど、皇治選手は打撃のスクランブル、要するにグチャグチャとした乱打戦に持ち込みたいはずなんですね。でも、天心選手は距離を取って戦ったら、乱打戦にならず、まったく問題なく試合を進められる可能性が高い。

    ――
    そうすると距離がポイントになるわけですね。 

    鈴木
     そこで注目したいのは、天心選手は自分と「戦いたい」と名乗り出てきた日本人に対して、とてつもない強さを発揮してるんですよね。言い方を変えると、あえて潰しに行ってるように見えるんですよ。

    ――
    たしかに日本人対決になると“キラー那須川”が現れますねぇ。もう二度とやりたいと言わせないような感じで叩き潰す。

    鈴木 そこが逆に皇治選手にとってチャンスになるんじゃないかなと。


    この続きと、石井館長、皇治、アポロ菅原、平本蓮、神龍誠…などの9月更新記事が550円(税込み)でまとめて読める「10万字・記事17本の詰め合わせセット」はコチラ

    https://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1950294

    この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック! 1記事90円から購入できます!


     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。