• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

魔裟斗の川尻達也批判にイライラする理由
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

魔裟斗の川尻達也批判にイライラする理由

2021-05-11 11:43
  • 11
不定期更新「ジャン斉藤のMahjong Martial Artas」――今回のテーマは魔裟斗の川尻達也批判にイライラする理由です!


【1記事から購入できるバックナンバー】

「魔法の煽りVをつくる男」 RIZIN演出統括・佐藤大輔17000字インタビュー





令和3年の今頃になってK-1MAX時代の川尻達也戦をディスりはじめた魔裟斗。武蔵と一緒にやっているYouTubeでの発言が、不利なルールで戦った相手へのリスペクトに欠けていると物議を醸しているが、魔裟斗の自著『青春』を読むと、K-1の誇り高き姿勢がすごく伝わってくるので魔裟斗からすれば通常運転だったりするのだ。

72d4cfdb741f8d988678464f9af8786f78f82acb


この『青春』は魔裟斗引退直後の2010年3月に出版された本だが、KIDが超大物になったあとでも2004年の山本KID戦はやりたくなかったとボヤキ気味。

「何をわけのわからないことを言っちゃってんの?K-1ルールで2戦しかしてないルーキーが。俺に勝てるわけねえじゃん……」と呆れ返り、何も言葉が出てこなかった。

K-1世界トップレベルの僕と、K-1デビュー2戦目のKIDの戦いはすでに勝負がついていてつまらない試合になると、格闘技関係の記者や報道陣の人たちはこの時認識していたはずである。

K-1の頂点に君臨する男として、格の違いを主張する魔裟斗の言い分はもっともだが、結果的に試合はスイングし、高視聴率を獲得。

この高視聴率記録によって、僕が悲願としていた-1中量級が、ヘビー級、そして総合格闘技の試合をも抜かす人気にまで昇りつめるということがようやく達成されたのだった。

総合格闘技の選手(KID)と試合をしたからこそ化学反応だったわけだが、山本KID徳郁という格闘家に対する感想もとくに触れずじまい。KIDにまさかのダウンを奪われたシーンはこう振り返る。
第1ラウンド中盤に、僕が後ろに下がったタイミングでKIDの放った左フックがたまたま顔面に入り、ダウンを取られるという失態をさらしてしまった。僕としては少しもダメージは受けていなかったけれど、汚点をつけられた気がした。

ダウンは偶然であり、ダメージはない。そう言われても競技としてはダウンはダウンなので、「たまたま」で片付けられても……。なお魔裟斗がKIDのたまたまを蹴ったシーン、すなわちローブローで試合の流れが変わった件に関する記述はなし。例の川尻戦に関しては、川尻の「か」の字もなかったので、よっぽど眼中になかった模様ですよ川尻さん!(すいません、読み直したら川尻戦のことはちょっとだけ書いてありました!とくに文句は言ってなかったです)。 この『青春』には他ジャンルの人間を見下す記述があちこちにあって。たとえばシュートボクシング出身で、魔裟斗以前にK-1中・軽量級のトーナメントで優勝し、プロレスでも活躍していた村浜武洋はこんな扱い。

KIDは、この年2月に開催されたK-1 WORLD MAX日本人トーナメント1回戦で村浜武洋というプロレスラーにKO勝ちをしてから、自称「神の子」としてメディアに取り上げられ人気急上昇中だった

村浜武洋というプロレスラー!! このくだり以前に本書には村浜の名前は登場してるのだが、「プロレスラー=ピエロ」を倒しても価値はないと悪意をもってあらためて紹介しているとしか読めないのだ。そんな感じで他ジャンルの選手に遅れをとることを許されない魔裟斗の意地がはみ出す、この『青春』。一時代を築いた魔裟斗がそういったプライドを持つのは当然であり、K-1ルールでランペイジ・ジャクソンに負けたシリル・アビディに「K-1ファイターがパンチで? 情けない」と一刀両断するのは正しい。

そして魔裟斗がMMAで戦わないこと、K-1ルールで戦う理由もまったく正しい。いわゆるAサイド理論である。
「向こうはおいしいと思ってるわけですよね。こっちがビックネームなので、ビッグネームに挑んで、もし勝ったらってことだから」「俺より小さいネームになんで俺がリスクを冒していくの?」(YouTubeより)

まったく正しい魔裟斗にイライラしてくるのはなぜか。魔裟斗が2015年に現役復帰して選んだ試合はKIDとの再戦、五味隆典とのキックルールだった。わざわざ復帰して、自分にとってはBサイドのジャンル(総合格闘技)相手においしい思いをしようとしてるメイウェザー的な計算がもろ見えだったからだろう。それに魔裟斗戦で仲間を大勢引き連れて入場してきた川尻に対して「男としてダサい」云々言っているが、K-1でジャッジやルールを曲げてまで守られてきた魔裟斗に、勇気をもって敵地に乗り込んだ川尻のことをとやかく言われたくないのだ。

というわけで、あまりにも腹が立ったので、さんざん批判しましたが、階級下のゲガール・ムサシ相手にK-1ルールでKOされた過去を持つ武蔵がちゃっかり魔裟斗の論調に乗っかってる姿に大笑いしたのでプラマイゼロだ。「アビディ何しとんねん」(by武蔵)って、「何しとんねん!!」は、こっちのセリフですよ!
チャンネル会員ならもっと楽しめる!
  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
ブログイメージ
Dropkick
更新頻度: ほぼ毎日
最終更新日:
チャンネル月額: ¥550 (税込)

チャンネルに入会して購読

他1件のコメントを表示
×
魔裟斗も黙して語らずのほうがカリスマ性があって良かったのに
今頃必死になって武蔵と共同でYOUTUBE始めたと思ったら個人でもチャンネル解説してるし
なんか幻滅っすわ
1ヶ月前
×
K-1への誇りというと格好良く聞こえるけど現役時代はK-1内でも他選手をdisりまくっていた記憶。単に他人へのリスペクトがない自分大好き人間なだけでは?
1ヶ月前
×
よくぞ言ってくれた!
1ヶ月前
×
魔裟斗も他の動画ではKIDの思い出をしみじみ語っていたので、試合はいい思い出ではないにしても選手としてはリスペクトしていたようです。
つまり川尻は単に元から好きじゃなかったんだろうなと。笑
1ヶ月前
×
リスペクトはあれど今になってもなお川尻選手を批判する魔裟斗に腹が立ちました。
魔裟斗のボクサー狩りやMMAファイター狩り、谷川ヤオハンによる優勝は少しも感動しませんでした。
対して、川尻選手はPRIDEからDREAM、冬の時代を支えUFCへも挑戦し日本人格闘技ファンに夢を見せてくれました!
RIZINでのアリ・アブドゥルカリコフ戦での勝利に僕は涙が止まりませんでした。
当時は、それほどなかったK1とMMAの差も今となっては一目瞭然、月とすっぽんの市場の差があります。
もしかすると小林雅人はMMA全体を妬んでいるのかもしれませんね笑
1ヶ月前
×
魔裟斗よ、もし川尻と路上で喧嘩したら殺されるぞ、当時も今でも。
1ヶ月前
×
KIDはシュートボクシング出身で当時優勝候補と言われていた村浜に、川尻はムエタイ王者だった武田にK1で圧勝KOしたからこそマサト戦になったワケで、総合格闘技の選手がK1ルールで実績を残して挑戦権を勝ち取った事に対するリスペクトが無いんだよね。
武蔵は階級下で総合格闘家のムサシに自分の庭のK1ルールで対戦しときながら、負けたら名前変えろとか挑発しておいて何もできずKO負け、観客も喜んでいた記憶があります(笑)
1ヶ月前
×
ムサシ戦で試合始まった直後に武蔵が「シャー
!!!」みたいな感じで気合いれたはいいけどシーンとして滑ってたのは良い思い出
1ヶ月前
×
そんなにダサかったりやりたくないと思ってたんなら、試合断りゃよかったじゃんって話しですよね!
魔裟斗の功績は尊敬しますし、YouTubeも楽しく拝見してますが、川尻選手に対する発言だけは引きました。
4週間前
×
42のオジサンが引退後に10年前の対戦相手呼び捨てでなじるって・・・
4週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。