• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

アポロ菅原インタビュー最終回「知名度のわりには……」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

アポロ菅原インタビュー最終回「知名度のわりには……」

2021-03-06 11:00
  • 9
国際プロレス、全日本プロレス、パイオニア戦志、SWS……昭和から平成にかけて様々なプロレス団体を渡り歩いてきたアポロ菅原インタビュー最終回です!(聞き手/ジャン斉藤)


【アポロ菅原インタビューシリーズ】


――
1996年に横浜アリーナで開催された第1回「メモリアル力道山」には新日本プロレスをはじめ、16団体が参加しました。菅原さんはIWA格闘志塾スペシャルマッチとして、ザ・マミーに変身して鶴見五郎さんと試合をしましたが、ダイビングヘッドバットに失敗して失神してしまいました。

菅原
 あのときは入場した時点で「マズイな……」って思ったんですよ。マスク越しには周りが真っ暗で何も見えなかったんですよね。普段ならは2~3人、誰かがリングまで先導してくれるんですけど、あのときは誰もいなくて1人で入場したんですよ。

――
あの「メモリアル力道山」は各団体の提供試合で構成されてましたが、1試合だけだからセコンドにつける選手たちは来てなかったんですかね。

菅原
 そこらへんはどういう話になっていたかわからないですけども、自分は1人で入場しましたね。ほのかに見えるリングに向かって行けばいいだろう……という感じでしたけど。

――
それで試合中に事故が起きてしまって。

菅原
 あのダイビングヘッドバットは「このへんにいるだろう」という感じで飛んだんですよ。リングに頭を打った瞬間、カメラのシャッターのように「パシャッ」となりましたよ。

――
入場から含めて何か見えづらさがあったということですか。

菅原
  それはありましたね。まず会場が大きいですし。だからマミーは……そこそこのお客さんがいる会場がよろしいんじゃないですかね。こう言ってはなんですけど、マミーというのは見世物的なところがありますもんでね。あまり会場が大きいと把握できなくなっちゃうんじゃないですかね(苦笑)。

――
マミーは横浜アリーナに合ってない(笑)。
菅原 現代のマミーは違うかもしれませんけど(笑)、当時のマミーはそんなにお客さんが入らない会場がマミーらしかったかもしれないですね。 

――
失神から目が覚めたのはいつなんですか?

菅原
  担架で運ばれるときには気が付いてましたよ。自分の指が動くことを確認して、致命傷ではないなとは思ってました。 

――
対戦相手の鶴見さんとはお話はされたんですか?

菅原
 うーん、話はしたのかなあ。控室に猪木さんが来ていただいて…… 

――
猪木さんが!

菅原  そうです。「いいからマスクを取れ」と自分の足や指先を触っていただいて「これなら大丈夫だろう」と。俺みたいな奴のために本当に光栄なことです。プロレスラーの仕事としてはダメだったわけですからね。 

――いままでそんな失敗をしたことはなかったわけですよね?

菅原
 あー、ほとんどなかったと思います。アポロ菅原として失敗したことはなかったですよ。

――
プロレスの中でもああいうことも滅多にないですよね。 

菅原 だからこうやってみんなの記憶に残ってるんでしょうけど(苦笑)。

――
この試合を長州さんが批判したことでメジャーvsインディの流れができますよね。

菅原
 長州さんが「だからインディはダメなんだ」って言われたんだけど。 そのとおりだと思いますよ(笑)。
この続きと、アポロ菅原最終回、宮田和幸、橋本宗洋批判、佐伯繁、AKIRA…などの3月更新記事が600円(税込み)でまとめて読める「12万字・記事20本の詰め合わせセット」はコチラ


この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック! 1記事100円から購入できます!
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
2002年10月20日に行われた、アジアンプロレス月形大会が、アポロ菅原選手の最後の試合ですね。
1ヶ月前
×
確かに鈴木みのる戦がなければ覚えてないし、今回の読み応えも違った印象でしょうね。
良いインタビュー記事でした。
1ヶ月前
×
素晴らしい。語り継ぐべきインタビューでした!
1ヶ月前
×
アポロさんのセンスや人柄を存分に引き出す、ジャンさんのセンスもまた素晴らしいインタビューでした!
1ヶ月前
×
いつも興味深いインタビューありがとうございます。
1ヶ月前
×
ただただ、凄いインタビューだな、と。
メジャーでメインにたった回数はそんなに多くはない、確かにそうかもなんですが経験してきた舞台凄さに圧倒されます。
1ヶ月前
×
素晴らしいインタビューでした!!
ありがとうございました!!!

こういった人選のインタビューを今後も期待しています
1ヶ月前
×
面白い連続インタビューでした!
また最初から読み返そうと思います。
1ヶ月前
userPhoto
TA
×
生まれて初めての生観戦、全日の千葉公園体育館で、当時菅原伸義選手に生まれて初めてのプロレスラーからのサインを貰いました。
とてもハンサムなのに「俺で良いの?」と、とても気さくに接してくれた良き想い出です。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。