• このエントリーをはてなブックマークに追加
CMパンク、AEWでプロレス復帰…「契約書にサインをしたのは登場30分前だ」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

CMパンク、AEWでプロレス復帰…「契約書にサインをしたのは登場30分前だ」

2021-09-14 15:21
    アメリカのインディプロレスの“現在”を伝える連載! アメリカインディープロレス専門通販「フリーバーズ」(https://store.shopping.yahoo.co.jp/freebirds)を営む中山貴博氏が知られざるエピソードを紹介していきます! 今回のテーマは「CMパンク、AEWでプロレス復帰」です!






    「WWEは、もはや才能あるレスラーが憧れる団体、目指す団体ではなくなってしまった」

    こうWWEを批判するのは、WWE殿堂者のハードコア・レジェンド、ミック・フォーリーだ。

    「私だったら、現在のWWEのクリエイティブに、自分のキャリアを託すことなどできない」

    自身の息子もクリエイティブチームに所属しているにもかかわらず、WWEのクリエイティブを痛烈に非難した。

    それに対し、フォーリーはAEWに関しては高く評価する。

    「AEWは、素晴らしいメンバーを揃えてきて、魅力的なストーリーラインにも事欠かない」

    9月5日(現地時間)、アメリカ・シカゴで行われたAEWの特番「All Out 2021」終了後に、フォーリーが発したSNSでの上記投稿が賛否両論の物議を呼ぶ。

    「WWEとAEWが競争することは、業界全体にとって最善をもたらすことになるだろう」

    フォーリーは発足二年足らずの新興団体AEWが、業界の盟主WWEを脅かす競合団体として台頭してきたことを称賛する。

    実際、2001年3月のWCW崩壊後、20年もの長きにわたり、競合不在の一強独占を築いてきたWWEであるが、ここ最近のAEWは、90年代の“WWF対WCW二団体時代”の再現かと期待を持たせてくれるような勢いである。<会員ページへ続く> 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になれば入会月以降の記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    Dropkick
    更新頻度: ほぼ毎日
    最終更新日:2021-09-26 08:54
    チャンネル月額: ¥550 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。