• このエントリーをはてなブックマークに追加
「日本MMA100年に一度の悪夢」堀口恭司敗戦から見える歴史的意義
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「日本MMA100年に一度の悪夢」堀口恭司敗戦から見える歴史的意義

2021-12-04 21:25
  • 5
9a980ee3ee155a19916c456048475e1b68060c64
この記事はセルジオ・ペティスvs堀口恭司語ったDropkickニコ生配信を編集したものです(語り:ジャン斉藤)(C)Bellator


【1記事から購入できるバックナンバー】




いやあ、言葉が出ないですね……。本当にビックリしましたね。日本格闘技界1000年に一度の悪夢……。

打撃、組み、寝技の全局面で、北米のトップファイターのひとりをここまで圧倒していたのに、一発のバックハンドブローによって負けてしまった。堀口恭司のすごさが充分に伝わった試合ですし、ファイターとしての評価は下がってないけど、それでも残る「敗戦」という残酷な2文字。それがMMAという格闘競技の面白さであり、無慈悲さであり、美しさなのかなと。ただ、今回の試合だけには、まとわりつくのは避けてほしかったのに。

語るべきシーンはいろいろあります。平本蓮の存在はひとつのポイントですね。平本選手はセルジオ・ペティスが所属するルーファスポーツで修行中で、今回の堀口戦のセコンドに抜擢されましたけど、このままだと敗色濃厚だった第3ラウンド終了後のインターバル、平本蓮がセルジオに近寄り、この試合初のアドバイスを施した。セルジオは試合後、この劇的勝利に平本蓮の存在があることを明かしました。試合直後のインスターストリーも平本選手への感謝から始まってます。

401e186b4dc060ca5e2520e8639264f983de2e17
(C)Bellator

平本蓮と知り合って1〜2ヵ月程度足らずで大一番のセコンドに起用するペティスの勝負勘。日本から修行に来ているMMAルーキーとの出会いが、 結果的に日本MMA最高傑作の失神KOを呼び込み、日本の格闘技ファンを絶望に追い込むことになるとは……
この続きと、吉成名高、平本蓮、堀口敗戦、中村大介、伊澤星花、YA-MAN……などの12月更新記事が600円(税込み)でまとめて読める「14万字・記事23本の詰め合わせセット」はコチラ

https://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar2072140

この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック! 1記事110円から購入できます!


 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

スコットコーカー評がいいですね

No.1 1ヶ月前

応援している選手が負けて、初めて鳥肌が立った試合、
その試合後にこの文章に出会えて良かったです。

No.3 1ヶ月前

ミルコランデルマン以来の衝撃でした

No.4 1ヶ月前

直近の約30ヶ月で1試合それも2分しか試合してない奴の試合なんかあんなもんだろ。頑張ったじゃん。試合出場の機会を求めてUFCからRIZINに来た奴が試合もできないくらいコンディション悪いんだ。あんまり期待したらかわいそうだよ。堀口恭司は20歳じゃないんだぞ。

No.5 1ヶ月前

しばらく味わっていなかった絶対に負けてほしくない選手の敗北による悔しさでしたね。でも総合の魅力が全て詰まった神試合でもありました!

No.6 1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。