• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

台獣物語17(2,667字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

台獣物語17(2,667字)

2016-06-03 06:00
    第五章「サバの女王」

    17

     ぼくらは、川から飛び降りた杉並春香という女の子に頼まれて、彼女の手帳を届けに赤松小学校までやってきた。この日は日曜日であったが、学校では子供会の集会があって、そこに会長の日田朋美という女の子が来るらしい。手帳は、その朋美に渡してほしいとのことだった。
     そうして赤松小学校まで来たのだが、そこで成り行きで、体育館で行われていた集会を覗き見る格好となった。
     時間と場所とを考えると、今ここで行われているのが春香の言った子供会だろう。そうなると、壇上に立って挨拶しているのが、おそらく日田朋美だ。
     ぼくがそこまで考えていたときだった。急に後ろから声をかけられた。
    「誰だ?」
     それで振り向くと、そこに一人の少年が立っていた。
     少年は、小柄な体格で、背丈がぼくよりも小さいくらいだった。その上、とても痩せていた。
     ただ、その顔つきは大人っぽく、長い髪の間から覗く大き
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。