• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

知識ワーカーの終焉(2,216字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

知識ワーカーの終焉(2,216字)

2017-09-18 06:00
    土曜日にドラッカーの勉強会である「渋ドラ研究会」に参加してきた。
    そこで新たな知見を得た。
    それは「知識ワーカーの終わり」だ。「知識ワーカー」とは、大学で勉強し、一般の企業に就職する、いわゆるホワイトカラーのことである。

    ホワイトカラーは、これまで80年間くらい世の中の主役を張ってきた。が、もはや主役ではなくなる。大学を出たくらいの知識では、これからは全く必要とされなくなるからだ。
    今日はそのことについて書きたい。

    Googleの2人の経営者は、Googleを始めてからずっと、自分たちのこれまでの経営を分析してきた。その中で、経営の善し悪しを決定づけるのは、圧倒的に「人」である――との結論に達した。それも、すぐれた一個の人間が、普通の人の十万倍以上の効果をもたらす――簡単にいうと十万倍儲ける――ということが分かった。

    だから、これからの経営は、すぐれた一個の人間を雇えるかどうかにかかる――
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。