• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

子どもたちに伝えたい「仕事がなくなる時代」のドラッカーのマネジメント:第19回(1,339字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

子どもたちに伝えたい「仕事がなくなる時代」のドラッカーのマネジメント:第19回(1,339字)

2019-09-19 06:00
    自分の遊びたいものが、周囲や大人の理解を得ないときがある。そういうときに、人はたいてい遊びを諦めたり、あるいは周囲や大人を無視してその遊びを無理やりやり通そうとしたりするが、そのどちらもしないように工夫するという考え方もある。相反する価値観のどちらか一つを選ぶのではなく、その両方の価値観を満たすやり方を作り出す。実は、その行為こそイノベーションなのである。

    イノベーションとは、つまるところ「発明」のことである。何かがうまくいかないとき、それがうまくいく方法を考え出すことこそイノベーションの本質だ。そのため、マーケティングが「知る」ということだったのに対応すると、イノベーションは「考える」ということができるだろう。

    ここでドラッカーの提唱したマネジメントをあらためて振り返りたい。
    ドラッカーは、マネジメントとはつまるところ二つのことをすることだと言った。その二つとは、「マーケティング」と「イ
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。