• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

子どもたちに伝えたい「仕事がなくなる時代」のドラッカーのマネジメント:第26回(1,819字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

子どもたちに伝えたい「仕事がなくなる時代」のドラッカーのマネジメント:第26回(1,819字)

2019-11-07 06:00
    すぐれたアイデアを生み出すためには、それを下支えする知識が必要だ。そして、その知識を蓄えるためには本が最適である。

    では、本はどのように探せばいいのか?
    また、どのように読めばいいのか?
    ここからは、それらについて概説していきたい。


    まず「本の探し方」であるが、これの有効な方法はほとんど一つといってよい。それは、「誰かの意見を参考にする」ということである。誰かが「読んで面白かった」と言う本を読んでみることだ。

    この方法自体は、至って簡単である。ただ誰かに聞けばいいだけだからだ。
    そのため、焦点はその「誰か」をどう見つけるか――ということになる。

    これについては、時間をかける必要があるし、またどんどんと変遷させたり、拡張させたりしていくことが必要だろう。
    例えば、ぼくが最初に見つけたのは「母親」だった。母親が、幼い頃からいろいろな本をすすめてくるので、それを手当たり次第に読んでいたのだ。

    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。