• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

子どもたちに伝えたい「仕事がなくなる時代」のドラッカーのマネジメント:第30回(1,779字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

子どもたちに伝えたい「仕事がなくなる時代」のドラッカーのマネジメント:第30回(1,779字)

2019-12-05 06:00
    「プロトタイプ思考」とは、試作品を安く、早く、簡単に作る――という考え方のことだ。
    プロトタイプ思考を実践すれば、ボトルネックや問題点を簡単に浮き彫りにでき、時間や労力、あるいは材料を大幅に節約できる。さらには、フィードバックやユーザー目線を適切に獲得し、新しい着想を生み出すこともできる。

    人間の純粋な想像力には、やはり限界がある。頭の中で考えるのと、実際のものを見たり触ったりするのとでは大きく違う。
    特に「触覚」は、想像するのが難しい。だから、プロトタイプを作ってそれに触れると、そこで新たな視点や感想をさまざまに得ることができるのだ。

    そうした視点や感想は「ユーザー目線」でもある。なぜかといえば、自分にとってもその試作品は初めて目にし、また初めて触れるものなので、とても新鮮な感覚が味わえるからだ。まるでユーザーのような感覚を味わえる。そうしてそこで、設計図を書いていたときとは全く違ったフ
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。