• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

反省ができる人はどういう人か?(1,753字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

反省ができる人はどういう人か?(1,753字)

2020-10-30 06:00
    最近、株式会社noteのケイクスがとんちんかんな記事を連発している。幡野広志さんが炎上した後謝罪し、謝罪の記事をアップしたのだが、そこでも「自分の何が悪かったのか」が分かっていない様子がうかがえて、「あ、この人たちは反省ができない人なのだな」ということが分かった。

    反省とは何か?
    反省とは、字面から考えると「自らを反対に省みる行為」のことだろう。自分が良いと思っていたことを「実は違ったのではないか」と思えることが反省だと思う。

    そういう意味で、反省は「失敗」に基づいている。失敗があるからこそ反省があるわけで、失敗のないところには反省がない。そして失敗とは、その人の思考や行動のベクトルに基づいている。その人が考えたり動いたりしたからこそ失敗が生まれるわけだ。

    人はそもそも、自分の考えのベクトルを持っている。そのベクトルに従って、行動したり発言したりする。
    幡野さんの場合だったら、「DVされて
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。