• このエントリーをはてなブックマークに追加
ぼくは誰を殺してきたのか?(2,427字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ぼくは誰を殺してきたのか?(2,427字)

2021-08-06 06:00
  • 2
ぼくは子供の頃(11歳頃)にタイに暮らしていた。

その頃(1980年頃)のタイは貧乏で、日本の属国のような感じで、貧困層の子供たちは阻害され、ストリートチルドレンが多かった。

ぼくは親父が運転する青ナンバー(国連職員だった)のトヨタマーク2に乗って、窓の外のストリートチルドレンをよく見ていた。
青ナンバーのマーク2には外交官特権があって、検問はどこもノーチェックでスルーだった。そんなとき親父は「国連職員はこれがあるんだよ」と照れながらも嬉しそうだった。ぼくは、子供心にも「この車は上級国民(特権階級)そのものだ」と思った。

その青ナンバーの車は、バンコクの街中を走っていると交差点でストリートチルドレンが群がってきた。チルドレンは、女の子は花を売っていたし、男の子は窓拭きをしていた。そうしてお金を恵んでもらおうとするのだ。

親父はときどき情け心を出して、哀れそうな子供の花を買ってあげたりしてい
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
とてもおもしろいです。
1ヶ月前
userPhoto
岩崎夏海
×
>>1
ありがとうございます!
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。