• このエントリーをはてなブックマークに追加
生きるとは何か?:その3(2,022字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

生きるとは何か?:その3(2,022字)

2021-09-28 06:00
    メタ思考は、どのように持てばいいのだろうか?
    それは、とことんまで考える――ということだ。

    例えば、子供が事故死して、悲しいとなる。
    そこで、ほとんどの人は、その悲しさに身を任せる。これでは不幸のままである。

    メタ思考というのは、その悲しんでいる自分を、客観的に見るということだ。そして「なぜ悲しんでいるのか?」と考えることだ。それが、メタ思考の第一歩だ。
    つまりメタ思考とは、「なぜ○○なのか?」を考えるということである。しかも、徹底的に考えることだ。

    例えば、「自分はなぜ悲しいのか?」と考える。すると「それは、子供が事故死したからだ」となる。そこで、今度は「子供が事故死すると、なぜ悲しいのか?」という問いを投げかける。

    ところが、たいていの人は、まずここで嫌になる。
    「そんなことを考えても仕方ないだろ! 悲しいものは悲しいんだよ!」
    「子供が事故死して悲しいのは当たり前だろ! そんなことも
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。