• このエントリーをはてなブックマークに追加
マンガの80年代から90年代までを概観する:その58(1,680字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

マンガの80年代から90年代までを概観する:その58(1,680字)

2022-06-30 06:00
    1970年代後半の書店というのは、今考えると信じられないくらい加熱していた。沸騰して煮えたぎっていた。

    そこは、「知のテーマパーク」のような活況を呈していた。日本の知の権利をほとんど一手に独占していた。

    1970年代、知は、書店以外に提供する場がなかったのだ。そして70年代後半は、ちょうど日本人全体が知に飢え始めていた時期だった。だから、人々が書店に殺到し始めた。それが、1970年代後半だったのだ。

    1980年代に入ると、そこに目をつける経営者が現れて、書店は大きく様変わりし始めた。続々と大型化していったのだ。

    それまでは、どこの町にも面積が数坪の小さな書店というものがあって、そこが雑誌や書籍の流通を担っていた。しかし、残念ながら在庫量が少ないために、新たな知と出会うというテーマパークとしての役割は果たせていなかった。

    だから人々は、知の楽しみを求めて、大型書店に殺到した。ぼくの場合でいう
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。