• このエントリーをはてなブックマークに追加
マンガの80年代から90年代までを概観する:その62(1,893字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

マンガの80年代から90年代までを概観する:その62(1,893字)

2022-07-28 06:00
    柳沢きみおは1948年の生まれ――つまり団塊の世代である。

    1970年、22歳のとき週刊少年ジャンプでデビューする。その後、ジャンプ専属マンガ家のとりいかずよしのアシスタントを務める。そこで、とりい式ギャグの薫陶を受けたのだろう。しばらくはジャンプでギャグマンガを描いていた。

    1975年にジャンプの専属が解かれ、1976年から週刊少年チャンピオンで『月とスッポン』の連載が始まる。27歳のときだ。

    この作品も、最初はジャンプ的ギャグマンガだったが、次第に変容を見せ始める。きっかけは、登場人物たちが成長していったことだ。最初は中学生だったのだが、高校生になり、最後は大学受験を控えたところで終わる。

    その間に、主人公たちの内面も成長し、勉強や恋愛に対して切実に向き合うようになる。そうなると、単なるギャグマンガでは終わらず、「人間そのもの」を描く文学的な内容へと変容するのだ。

    特に、はじめは脇役に
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。